豪Vix Technology、マレーシアの新交通チケットシステム開発を受注 画像 豪Vix Technology、マレーシアの新交通チケットシステム開発を受注

海外進出

1枚のカードで様々な交通手段に対応30日、オーストラリアの技術会社Vix Technologyはマレーシアの交通チケットシステム開発を受注した。今まで様々な交通チケットが乱立していたが、将来的には1つのカードでバス、電車、地下鉄、モノレールに乗られるようになる。決済手段としてはEuroPayやVisa、Masterのマイクロチップが埋め込まれたクレジットカードやデビットカード等に対応する。受注金額は2,700万豪ドル(日本円で約24億)。同社はチケットシステムのデザイン、開発だけではなく、導入後の運営やメンテナンス作業も行う。新しいシステムは2017年の完成を予定している。プロジェクト開始にあたり、同社はクアラルンプールオフィスで新たに15人を雇用する予定。また、ゆくゆくはアジア全体のオペレーションのため、45人程度まで人員を増やすことを検討している。世界各国で実績多数同社はすでにシンガポール、イギリスのヨークシャー、アメリカのシアトル等、世界中で公共チケットシステムや決済システムを開発してきた実績がある。また、今年4月にはタイ バンコクの新しい路線用に革新的な決済情報センターを建築する案件を受注した。同社のシステムの利用者は世界中で1億4,000万人以上という。

豪Vix Technology マレーシアの新しい交通チケットシステム開発を受注

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  4. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  5. ブックオフがマレーシアの中古品2号店を出店、計画を上回る売り上げ

  6. LL牛乳が香港に照準、アジアで有利販売が見込めるか!?

  7. 国交省、バングラデシュのPPP対象候補案件絞り込み/高速道路など3分野

  8. ラーメン店「清六屋」、インドネシアでハラル認証取得

  9. ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

  10. 日本の「質の高い」インフラ輸出、ウガンダ・ザンビアと定期官民対話へ

アクセスランキングをもっと見る

page top