福島洋上、超大型浮体式風力発電設備の係留作業が本格化 画像 福島洋上、超大型浮体式風力発電設備の係留作業が本格化

インバウンド・地域活性

 高さ189メートル、出力7メガワットの世界最大級の浮体式洋上風力発電設備「ふくしま新風」を、福島県楢葉町沖約20キロの海域に係留する作業が進んでいる。7月28日に、仮置きしている福島県いわき市の小名浜港から海域まで約60キロをえい航。29日に係留用の8本の巨大チェーンと浮体との連結作業を開始し、31日には3本目のチェーンとの連結作業を実施した。早ければ9日に係留作業が終了する予定だ。作業は清水建設・新日鉄住金エンジニアリングJVが担当している。丸紅や清水建設など11者で構成する福島洋上風力コンソーシアムが経済産業省から受託した「福島復興・浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」の第2期工事。整備される3基の発電設備のうち、最も大きな設備で、高さ189メートル、風車のブレードの長さ(翼長)は81・7メートル、重量1700トンの規模。出力は7メガワットと洋上風力発電としては世界最大になる。
 設備を搭載するL字型浮体は一辺が106メートル、高さ32メートル、重量5500トンの規模。浮体の組み立ては三菱重工業長崎造船所(長崎市)の建造ドックで行われ、長崎港から福島県いわき市の小名浜港に船で運ばれた。小名浜港内で風車の本体部分が取り付けられ、6月に製作を終えた。7月28日午後5時から約12時間をかけ、小名浜港から福島県楢葉町の実証研究実施海域まで約60キロをえい航した。翌29日の夜明けとともに係留用の8本の巨大チェーンと浮体との連結作業に着手した。巨大チェーンは1本当たり870メートル、リングの太さ(呼び径)は132ミリ、総重量2800トンで清水・新日鉄住金エンジJVが敷設した。
 31日には3本目のチェーンとの連結作業を実施した。海象条件にもよるが、係留作業は9日にも終了する見通し。その後、ふくしま新風と既設の浮体式洋上サブステーション(洋上変電所)「ふくしま絆」をライザーケーブルで連結する作業に移る。9月下旬にも一連の設置作業を終了する予定だ。コンソーシアムの構成員は、▽丸紅▽東京大学▽三菱商事▽三菱重工業▽ジャパンマリンユナイテッド▽三井造船▽新日鉄住金▽日立製作所▽古河電気工業▽清水建設▽みずほ情報総研。2期工事で清水・新日鉄住金エンジJVは、長崎港から小名浜港への浮体設備のえい航、小名浜港から実証研究実施海域へのえい航・係留、変電所と浮体式洋上変電所を結ぶライザーケーブルの敷設を手掛けている。

福島洋上風力コンソーシアム/超大型浮体式風力発電設備の係留作業が本格化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  8. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top