夏のボーナス平均額は過去3番目の水準、消費額は過去最高 画像 夏のボーナス平均額は過去3番目の水準、消費額は過去最高

マネジメント

 経団連が30日発表した今夏の賞与・一時金妥結(最終集計)によると、大企業の平均額は前年比で2・81%増の89万2138円となった。3年連続の増加で、過去3番目の高水準。企業業績の改善が、大企業のボーナス増加に反映された。 製造業の平均額は同2・29%増の91万8542円で、08年以来の90万円超えとなった。非鉄金属やゴム、機械金属などがけん引した。一方、非製造業は2年ぶりに増加に転じ、平均額は同4・05%増の79万1498円。大企業では製造業を中心に、好調な業績改善分をボーナスとして再分配する動きが強まっており、3年連続の増加につながった。消費意欲は高まってる?使い道は? 夏の消費金額は過去最高の見通し―。明治安田生命保険が30日発表した「夏に関するアンケート」によると、夏休みに使うお金の平均金額は8万9296円と2014年より4405円増え、過去最高となった。平均金額の増加は3年連続となる。好業績を背景に夏のボーナスを増加する企業が増え、消費者側の消費意欲の高まりが反映されてきたようだ。 家族別構成で見ても子供のいる既婚世帯も同10万485円と昨年から約16%増加し、調査開始以来、やはり過去最高となった。アンケートは15年7月1―6日にかけ、全国20―59歳の男女を対象にインターネットで調査を実施した。有効回答数は1113人だった。

夏のボーナス89万円、消費額はちょうど「10分の1」?

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

    ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

  2. 張トヨタ名誉会長が製造業に伝えたいこと

    張トヨタ名誉会長が製造業に伝えたいこと

  3. 内閣府が4月度の「機械受注統計調査」を発表、3.8%増で9か月連続の増加

    内閣府が4月度の「機械受注統計調査」を発表、3.8%増で9か月連続の増加

  4. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  5. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  6. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  7. 労働力の過不足調整で農繁期把握と産地間連携、農水省が新規事業

アクセスランキングをもっと見る

page top