アジアの次世代リーダー育成奨学金制度「TOP CAREER Global Scholarship」創設 画像 アジアの次世代リーダー育成奨学金制度「TOP CAREER Global Scholarship」創設

人材

「TOP CAREER Global Scholarship(新興国学生支援 奨学金)」制度を設立7月27日、全世界の優秀な若手高度人材と日本企業のグローバル人材獲得採用支援事業などのコンサルティングを展開しているフォースバレー・コンシェルジュ(以下、フォースバレー)は、留学促進支援事業の一環として新興国の学生を対象とする奨学金「TOP CAREER Global Scholarship」制度を設立したと発表した。奨学金の対象国はマレーシアも含む13カ国「TOP CAREER Global Scholarship」は、日本企業が協力してアジア新興国の次世代リーダーとなるような優秀な若手人材の育成、輩出の支援をするという奨学金制度で、若年人口が多く経済成長著しいASEAN及び南アジアから、マレーシアを含む13カ国を対象として実施する。具体的にはインドネシア、カンボジア、シンガポール、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、タイ、インド、スリランカ、バングラデシュ、ネパール、パキスタンが選出された。フォースバレーが事務局となり、対象国との連携など各種コーディネートを行い、各企業は対象各国のトップ大学進学への冠奨学金を提供するシステムで、これら対象国の奨学生には、現地での奨学金提供及びインターンシップや学生交流など日本で研修する機会が与えられる予定である。第一弾はミャンマー、三井住友銀行が奨学金提供第一弾として、ミャンマーのヤンゴン大学、ヤンゴン経済大学、ヤンゴン外国語大学から学生10名が奨学生に選出され、2015年12月より、奨学金スポンサーの三井住友銀行から奨学金が提供される。フォースバレーは同奨学金により、新興国の教育レベル改善などの社会貢献や対象国内においての奨学金スポンサー企業の企業イメージの向上、アジアでの優秀な人材ネットワークの構築などを見込んでいる。(画像はプレスリリースから)

フォースバレー、日本企業と連携し東南・南アジアの次世代リーダー育成奨学金制度を創設

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン各社/週休2日、前倒しで対応/生産性向上が必須

    ゼネコン各社/週休2日、前倒しで対応/生産性向上が必須

  2. 国交省、建設マスターの受賞者406人を決定

    国交省、建設マスターの受賞者406人を決定

  3. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

    主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  4. ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

  5. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(1)

  6. 日建連が長時間労働是正へ支援要請。国交相と意見交換、週休2日に理解促進を

  7. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  8. 厚労省、国交省、日建連ら/働き方改革協議会が初会合/官民一体で長時間労働是正へ

  9. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  10. 日本工営が本社ビルに託児所を開設。コンサル業界初!

アクセスランキングをもっと見る

page top