ニッポン人は疲れ気味?機能性表示食品では「疲労回復」に期待 画像 ニッポン人は疲れ気味?機能性表示食品では「疲労回復」に期待

ライフ

 マイボイスコムは3日、「食品表示に関するアンケート調査」の結果を発表。「機能性表示食品」の認知度は、「詳しく知っている」の7.6%と「聞いたことがある程度」の68.5%を合わせて76.1%にのぼった。認知度が特に高いのは女性高年代層で、聞いたことがある程度であれば女性40代以上では8割弱に達した。

 利用したい機能性表示食品の効果を尋ねると、トップは「疲労回復」で37.7%。以下、「中性脂肪や内臓脂肪対策」が26.9%、「免疫力・抵抗力向上」が26.8%、「コレステロール抑制」が26%で続いている。年代・性別ごとにみてと「疲労回復」はいずれも1位。比較的高い傾向にあったのは、男性の20代が「体力増進」、男性30代以上が「中性脂肪や内臓脂肪対策」、女性の10・20代が「肌の調子を整える、保湿効果」(10代は「ダイエット」と同率)、女性30代以上が「免疫力・抵抗力向上」。「老化防止、アンチエイジング」は年代が高いほど比率が高かった。

 機能性表示食品の購入意向は全体で35.6%となったが、女性20~40代では4割強、機能性表示食品認知者では4~5割を占めたことから、「認知度の向上」と「女性をターゲット」にすることが、機能性表示食品を普及させるためのカギとなりそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 出店開業したい飲食ジャンル1位は? 出店予算は増加傾向

    出店開業したい飲食ジャンル1位は? 出店予算は増加傾向

  2. 【フォトレポート】東京おもちゃショー2015:バイヤーズデー今年の傾向は?

    【フォトレポート】東京おもちゃショー2015:バイヤーズデー今年の傾向は?

  3. ニンニク、らっきょう、ごぼう…ヒットのキーワードは「黒」

    ニンニク、らっきょう、ごぼう…ヒットのキーワードは「黒」

  4. 医師の約半数が認めるのはウコン! 飲酒対策について医師にアンケート

  5. 微生物による汚染地下水浄化、期間半減の新技術開発

  6. 自転車保有率ランキング:1位は京都―坂がない、最下位は沖縄―暑いから?

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】誰でも簡単に超絶プレー!…究極のギターアプリ

アクセスランキングをもっと見る

page top