本日の新聞から:VW日本法人社長更迭? 画像 本日の新聞から:VW日本法人社長更迭?

マネジメント

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年8月3日付

●メガ貿易圏TPPが影、交渉戦略見直しも(読売・7面)

●料金所ETCレーン優先に、本線へ直進国交省方針(朝日・1面)

●女性も運転しやすく、光岡自動車「ビュートなでしこ」(毎日・8面)

●フェリー火災可燃物多く消化難航、車両甲板広いスペースも一因か(毎日・26面)

●「仕事に夢」大幅減59%、新入社員、2番目の低さ(産経・24面)

●上場企業の7割、経常増益、円安・訪日消費追い風、4~6月(日経・1面)

●非関税障壁の解消へ共同声明、自工会、東南アジア団体と(日経・9面)


ひとくちコメント

「一体、なぜ?」と首をかしげた人も少なくないだろう。「ゴキゲン・ワーゲン」をスローガンにブランドイメージの向上に取り組んできた独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人、フォルクスワーゲングループジャパンの庄司茂社長が7月31日付で突如退任するというハプニングが起こった。

8月1日の産経、日経などが朝刊で取り上げていたが、退任の理由は「本人から退任したいとの意向があり、受理した」(産経)としている。

後任にはスヴェン・シュタイン副社長が8月1日付で暫定的に社長を兼務することになったそうだが、VWジャパンでは7月16日には鳴り物入りで新型『パサート』を発表。つい先日も新聞の全面広告などで「ゴキゲン・ワーゲン」をアピールしたばかりだった。

庄司氏は、伊藤忠商事出身でマツダモーターハンガリーや、スズキモーターロシアの社長を務めるなど、自動車販売の経験が豊富で2012年に6月にヘッドハンティングで独VWに入社した。同年8月から日本法人社長を務め、13年、14年と2年連続で過去最高の販売実績を上げていた。

ただ、15年上期には輸入車販売でメルセデス・ベンツに16年ぶりに首位を奪われるなど、庄司社長のアイデアで日本法人独自で始めた「ゴキゲン・ワーゲン」のブランド戦略も思うほどに浸透していなかったようようだ。社長就任4年目に入り前に親会社から何らかのプレッシャーをかけられていたとみられる。

【新聞ウォッチ】独ワーゲン“ゴキゲンななめ”、日本法人庄司社長“更迭”か

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  3. トラック・バン・バス専用の買取サイト――ガリバーが国内外の貨物車需要を見込んで

    トラック・バン・バス専用の買取サイト――ガリバーが国内外の貨物車需要を見込んで

  4. 鹿島ら3社が「地下トンネル長距離水中流動充てん材」開発…福島第1原発の汚染水対策

  5. 大成建設、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)実現目標を2年前倒し

  6. 女性が一番活躍している会社は? 「女性活躍パワーアップ大賞」が発表

  7. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  8. 哀しい小規模企業のセキュリティ現状、教育も相談窓口も担当者もナシ

  9. 15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

  10. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

アクセスランキングをもっと見る

page top