本日の新聞から:VW日本法人社長更迭? 画像 本日の新聞から:VW日本法人社長更迭?

マネジメント

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年8月3日付

●メガ貿易圏TPPが影、交渉戦略見直しも(読売・7面)

●料金所ETCレーン優先に、本線へ直進国交省方針(朝日・1面)

●女性も運転しやすく、光岡自動車「ビュートなでしこ」(毎日・8面)

●フェリー火災可燃物多く消化難航、車両甲板広いスペースも一因か(毎日・26面)

●「仕事に夢」大幅減59%、新入社員、2番目の低さ(産経・24面)

●上場企業の7割、経常増益、円安・訪日消費追い風、4~6月(日経・1面)

●非関税障壁の解消へ共同声明、自工会、東南アジア団体と(日経・9面)


ひとくちコメント

「一体、なぜ?」と首をかしげた人も少なくないだろう。「ゴキゲン・ワーゲン」をスローガンにブランドイメージの向上に取り組んできた独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人、フォルクスワーゲングループジャパンの庄司茂社長が7月31日付で突如退任するというハプニングが起こった。

8月1日の産経、日経などが朝刊で取り上げていたが、退任の理由は「本人から退任したいとの意向があり、受理した」(産経)としている。

後任にはスヴェン・シュタイン副社長が8月1日付で暫定的に社長を兼務することになったそうだが、VWジャパンでは7月16日には鳴り物入りで新型『パサート』を発表。つい先日も新聞の全面広告などで「ゴキゲン・ワーゲン」をアピールしたばかりだった。

庄司氏は、伊藤忠商事出身でマツダモーターハンガリーや、スズキモーターロシアの社長を務めるなど、自動車販売の経験が豊富で2012年に6月にヘッドハンティングで独VWに入社した。同年8月から日本法人社長を務め、13年、14年と2年連続で過去最高の販売実績を上げていた。

ただ、15年上期には輸入車販売でメルセデス・ベンツに16年ぶりに首位を奪われるなど、庄司社長のアイデアで日本法人独自で始めた「ゴキゲン・ワーゲン」のブランド戦略も思うほどに浸透していなかったようようだ。社長就任4年目に入り前に親会社から何らかのプレッシャーをかけられていたとみられる。

【新聞ウォッチ】独ワーゲン“ゴキゲンななめ”、日本法人庄司社長“更迭”か

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

    五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  2. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

    リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  3. 「The Wonder 500」始動――地方特産品を世界にアピールするプロジェクト

    「The Wonder 500」始動――地方特産品を世界にアピールするプロジェクト

  4. 日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

  5. 手間とコストを削減! 個人事業主向け振込代行サービスが登場

  6. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  7. 【回転窓】気の利いたジョーク

  8. 自社がネットで炎上したらどうする?――削除依頼方法などを解説した書籍発売

  9. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  10. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

アクセスランキングをもっと見る

page top