滋賀県・JAおうみ富士とパナソニック、農薬判定や栽培データを共有・管理する農業管理システムの実証実験開始 画像 滋賀県・JAおうみ富士とパナソニック、農薬判定や栽培データを共有・管理する農業管理システムの実証実験開始

IT業務効率

 滋賀県・おうみ冨士農業協同組合(JAおうみ富士)はパナソニックと協力し、営農指導員と農業者をつなぐ農業管理システム「栽培ナビ」の実証実験を行う。

 栽培ナビは、JAおうみ富士の栽培ノウハウとパナソニックの持つICT(Information and Communication Technolog)技術を組み合わせて生まれた農業管理システム。クラウドサービスを通じて、営農指導員と農業者をつなげる。

 具体的な機能としては農薬の判定に加えて、「栽培計画」「栽培日誌」「圃場(田畑)管理」といった営農データの記録機能を搭載。病害虫の発生時には営農指導員に病害虫の画像を送付。営農指導員によって判断された病害虫の種類から、農業者が使用する農薬を判定できる。

 これにより営農指導員が直接現場に赴いて病害虫や使用する農薬を判断するのに対して、大幅な効率化が可能になった。システムによる使用農薬判定データは履歴として残り、散布履歴として営農指導員やJAにも共有される。こうしたデータを、JAは農薬資材在庫の適正管理に役立てていく。

 また、営農の作業がデータ化され、営農指導員と共有されることで、従来曖昧だった営農に対し、より正確な指導や計画立案、検討が可能になる。JAおうみ富士は実証実験を通して、新規就農者の支援や、環境保全のための環境こだわり栽培のいっそうの推進、ブランド農産物創設などを狙っていく。

 実証実験は8月からスタート。2016年以降、滋賀県を皮切りに順次サービスを拡大していき、全国のJAや農業関係者に普及していく予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  4. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  5. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  6. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  7. 国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. ミニトマト糖度の次のトレンド、赤色色素量を数秒で測定

  10. 東京メトロ、デジタルサイネージを活用したバス案内の実証実験

アクセスランキングをもっと見る

page top