ローランド、マレーシアの新工場の本格稼働を開始 画像 ローランド、マレーシアの新工場の本格稼働を開始

海外進出

電子楽器生産の主力拠点として7月28日、電子ピアノやシンセサイザーなどを製造販売する大手電子楽器メーカーローランドは電子楽器生産の主力拠点として、7月27日よりマレーシア工場を本格的に稼働したことを発表した。マレーシアへの工場設立の背景同工場は、昨年11月に首都クアラルンプールに隣接するセランゴール州に、ローランドが設立したローランド100%子会社のローランド・マニュファクチュアリング・マレーシアである。ローランドが工場設立の地にマレーシアを選択した大きな理由は、東南アジア諸国においてマレーシアが高品質の電子部品を現地調達が可能であること、周辺諸国と比較して政情が安定していること、英語での現地従業員らとのスムーズなコミュニケーションが可能であることなどが挙げられる。マレーシア・セランゴール州の新工場概要同社は、この10,000平方メートルの新工場が現在の生産リードタイムを3分の1まで短縮することを期待しており、拠点をマレーシアにすることで材料費や完成品在庫の大幅削減によるコスト削減と競争力強化も図る計画である。当初はまず電子ピアノ、ギター・アンプの生産を開始し、その後、生産品目を順次増加してゆき、将来的には電子ドラムやシンセサイザーなどの生産も行う方針である。従って現時点での従業員総数は60人も生産品目の拡大に伴い、数百人に拡大する予定である。また、新工場はアジア製造した製品の全世界への物流拠点としても機能させてゆくこととなる。(画像はニュースリリースから)
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 【日本式介護の輸出:1】有望国は中国! タイ、マレーシアも注目!

    【日本式介護の輸出:1】有望国は中国! タイ、マレーシアも注目!

  3. 【日本式介護の輸出:2】アジア進出の実績が人材を循環させる!

    【日本式介護の輸出:2】アジア進出の実績が人材を循環させる!

  4. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  5. 双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

  6. 【越境ECを地方から:1】最小の資金&手間で、作務衣を世界へ

  7. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  8. ライト工業がベトナムに合弁会社を設立、地盤改良で事業展開

  9. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  10. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

アクセスランキングをもっと見る

page top