駐トリニダード・トバゴ大使に国交省出身・岡田光彦氏、「防災対策支援したい」 画像 駐トリニダード・トバゴ大使に国交省出身・岡田光彦氏、「防災対策支援したい」

海外進出

 国土交通省で東北地方整備局長などを務めた岡田光彦氏(60)が、駐トリニダード・トバゴ大使に就任し、8月初旬に赴任する。国交省の港湾キャリア技官出身では初の大使就任となる。トリニダード・トバゴなど中米・カリブ諸国に対し日本政府は自然災害や気候変動対策への協力を表明している。岡田氏はパナマの日本大使館に勤務した経験もあり、国際派技官として、両国の「懸け橋」になることが期待されている。
 就任は6月29日付。「お役に立てるのならばお引き受けしよう」。打診があった時の素直な気持ちをそう語る。トリニダード・トバゴの日本大使館は、同国を含めカリブ共同体(カリコム=14カ国1地域で構成)に加盟する10カ国を管轄する。14年7月に日・カリコム首脳会合が開催され、安倍晋三首相が「日本の対カリコム政策」を表明。小島嶼(しょ)国特有の自然災害対策や気候変動対策に協力することなどが盛り込まれた。
 「カリコムは日本同様に島国で、台風被害など国土の脆弱(ぜいじゃく)性の問題を抱えている。日本が得意とする防災技術を使い、自然災害や気候変動などの対策を支援していきたい」と岡田氏。その際「古巣の国交省にも協力をお願いしたい」とも。岡田氏は東京都出身。77年東大工学部を卒業し、運輸省(現国交省)に入省。05年から海事局国内旅行課長、08年から東北地方整備局長などを歴任して退官し、国際臨海開発研究センター理事長を6月まで務めた。学生時代から海外で仕事がしたいと思い、独学で英語を勉強。1984年から3年間、パナマの日本大使館に勤務し、第2パナマ運河の代替案調査などに携わった経験もある。
 趣味はスキーと登山。「日本百名山制覇まで残り10程度なので、戻ってきて達成したい」と話している。(おかだ・みつひこ)

駐トリニダード・トバゴ大使・岡田光彦氏/近く赴任、「防災対策支援したい」

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

    IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  3. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  4. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  5. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  6. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  7. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  8. 古河電工、ミャンマーで情報インフラ整備事業

  9. 【Sakeの海外戦略:6】アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  10. 【Sakeの海外戦略:7】ワインのインフラを通じて世界へ

アクセスランキングをもっと見る

page top