復興の仙台塩釜港・港区、推進14m岸壁などインフラ強化で競争力高める 画像 復興の仙台塩釜港・港区、推進14m岸壁などインフラ強化で競争力高める

インバウンド・地域活性

 東北の物流や経済を支えている仙台塩釜港・仙台港区(仙台市宮城野区ほか)。東日本大震災で被害を受けたが、直後から24時間体制で復旧工事が行われ、順調に機能を回復。14年の総コンテナ貨物量は21・3万TEUとなり、震災前の10年と同水準まで戻すことができた。水深14メートルの岸壁整備など機能拡充に向けた工事も進展中だ。東北地方整備局では「世界的に船舶の大型化などが進んでおり、競争力強化を図りたい」(佐野透塩釜港湾・空港整備事務所長)と話している。仙台港区は、1964年に新産業都市「仙台湾地区」に指定されて以降、臨海型工業の開発拠点として堀込式港湾の建設が始まった。81年に主要施設が完成し、その後、貨物拠点などの集積が進んでいる。14年の貨物取扱量は4007万トンに上る。トヨタ自動車の東北進出に伴い、完成自動車の取扱量も991万トン(約99万台相当)に伸びている。
 安定的な物流手段が確保されているからこそ、企業進出が実現できている側面もあり、トヨタ自動車の動きに連動した周辺部品メーカーの工場進出も含めて、大きな経済波及効果を生んでいる。稼働中の施設のほかにも、官民の事業主体が機能強化を図っている。中野ふ頭の先端部では「中野地区国際物流ターミナル整備事業」として、水深14メートルの新たな岸壁が整備される。国土交通省がジャケット式桟橋を整備し、宮城県が背後地の埋め立て事業を実施する。整備面積は6ヘクタール。既設の中野1号岸壁(水深12メートル)よりも深く、穀物輸送船の満載入港が可能となる。これにより、中野地区の混雑緩和や輸送の効率化が図られる。完成は16年度を予定している。
 パナマ運河拡張計画などを背景に、輸送コスト削減を図るため、コンテナ船の超大型化が世界で進展している。こうした国際情勢も考慮しながら、競争力を保っていく必要がある。仙台港区の北東端部では、東北電力が新仙台火力発電所の整備事業を展開中だ。LNGを燃料とする新たな発電施設を稼働させる計画で、16万キロリットルのLNGタンクを整備する。2基のうち、1基が整備済みで、今月16日には約6万トンを積んだLNG船がマレーシアから初入港した。新たな発電は、12月からの運転開始を予定している。貨物をめぐっては、北米西海岸ルートが新たに開設されるなど、明るい話題が続いている。一方で、貨物ヤードが狭く、貨物を3段積みにしているといった状況もある。地域経済の要として、時代に則した機能拡充が今後も重要となる。

インフラ強化進む仙台港区/水深14m岸壁、16年度完成へ/東北整備局

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  4. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  5. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  6. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  9. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  10. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top