ニフティがIoTのラボ設立、エンジニアが企業のデバイス設計・開発を支援 画像 ニフティがIoTのラボ設立、エンジニアが企業のデバイス設計・開発を支援

IT業務効率

 ニフティはモノのインターネット(IoT)のサービスを開発・提供したい企業を支援するサービスを29日から始める。ネットワーク技術やシステム開発に精通した専属のエンジニアがアイデア出しから設計、試作品まで対応、ラボを設置して実証も行う。サービスに必要なさまざまな課題を解決し、デバイスのIoT化に取り組む企業やプロジェクトを後押しする。  今回始めるサービスは「ニフティIoTデザインセンター」。デバイスをIoT化する際のアイデア出しからアプリケーション(応用ソフト)設計、システムデザイン、試作品の作成まで手がける。 企業の課題をヒアリングしながら要望に対応する。利用料金はソリューションの内容により、設計の費用や開発に必要なクラウドサービスの料金がかかる。相談は無料。医療や食品、住宅などコンシューマー市場向けにデバイスを提供する企業が対象となる。 同社はこれに先立ち、5月にIoT活用に必要な機能をクラウドで提供するプラットフォーム(PF)の提供を始めた。その第1弾としてIoTや機器間通信(M2M)に最適化された通信プロトコル「ニフティクラウドMQTT」のβ版を提供。また、データストリーミングやデータ分析などの各種機能も順次提供する。ニフティはこうしたIoTに取り組む企業への機能提供とともに、今後は試作品開発やサービス開発の面からも支援していく。

IoTのラボ作りました!ニフティのエンジニアがデバイス開発を支援

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ~ポストものづくり時代:5~低成長時代に生き残る戦略

    ~ポストものづくり時代:5~低成長時代に生き残る戦略

  3. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  4. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  5. 日本初!屋根リフォーム業者と利用者をつなぐポータルサイト

  6. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  7. ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

  8. 三信建設工業が多扇形高圧噴射攪拌工法を開発、経済面や環境面に効果

  9. 見守りロボットシステムに生体モニターがプラス。高齢者施設の安全強化!

  10. 【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

アクセスランキングをもっと見る

page top