ニフティがIoTのラボ設立、エンジニアが企業のデバイス設計・開発を支援 画像 ニフティがIoTのラボ設立、エンジニアが企業のデバイス設計・開発を支援

IT業務効率

 ニフティはモノのインターネット(IoT)のサービスを開発・提供したい企業を支援するサービスを29日から始める。ネットワーク技術やシステム開発に精通した専属のエンジニアがアイデア出しから設計、試作品まで対応、ラボを設置して実証も行う。サービスに必要なさまざまな課題を解決し、デバイスのIoT化に取り組む企業やプロジェクトを後押しする。  今回始めるサービスは「ニフティIoTデザインセンター」。デバイスをIoT化する際のアイデア出しからアプリケーション(応用ソフト)設計、システムデザイン、試作品の作成まで手がける。 企業の課題をヒアリングしながら要望に対応する。利用料金はソリューションの内容により、設計の費用や開発に必要なクラウドサービスの料金がかかる。相談は無料。医療や食品、住宅などコンシューマー市場向けにデバイスを提供する企業が対象となる。 同社はこれに先立ち、5月にIoT活用に必要な機能をクラウドで提供するプラットフォーム(PF)の提供を始めた。その第1弾としてIoTや機器間通信(M2M)に最適化された通信プロトコル「ニフティクラウドMQTT」のβ版を提供。また、データストリーミングやデータ分析などの各種機能も順次提供する。ニフティはこうしたIoTに取り組む企業への機能提供とともに、今後は試作品開発やサービス開発の面からも支援していく。

IoTのラボ作りました!ニフティのエンジニアがデバイス開発を支援

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

  9. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  10. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

アクセスランキングをもっと見る

page top