ニフティがIoTのラボ設立、エンジニアが企業のデバイス設計・開発を支援 画像 ニフティがIoTのラボ設立、エンジニアが企業のデバイス設計・開発を支援

IT業務効率

 ニフティはモノのインターネット(IoT)のサービスを開発・提供したい企業を支援するサービスを29日から始める。ネットワーク技術やシステム開発に精通した専属のエンジニアがアイデア出しから設計、試作品まで対応、ラボを設置して実証も行う。サービスに必要なさまざまな課題を解決し、デバイスのIoT化に取り組む企業やプロジェクトを後押しする。  今回始めるサービスは「ニフティIoTデザインセンター」。デバイスをIoT化する際のアイデア出しからアプリケーション(応用ソフト)設計、システムデザイン、試作品の作成まで手がける。 企業の課題をヒアリングしながら要望に対応する。利用料金はソリューションの内容により、設計の費用や開発に必要なクラウドサービスの料金がかかる。相談は無料。医療や食品、住宅などコンシューマー市場向けにデバイスを提供する企業が対象となる。 同社はこれに先立ち、5月にIoT活用に必要な機能をクラウドで提供するプラットフォーム(PF)の提供を始めた。その第1弾としてIoTや機器間通信(M2M)に最適化された通信プロトコル「ニフティクラウドMQTT」のβ版を提供。また、データストリーミングやデータ分析などの各種機能も順次提供する。ニフティはこうしたIoTに取り組む企業への機能提供とともに、今後は試作品開発やサービス開発の面からも支援していく。

IoTのラボ作りました!ニフティのエンジニアがデバイス開発を支援

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

    VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  4. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  7. 【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

  8. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  10. 【定額制ビジネスに勝算あり:3】少子化の今こそ子どもにフォーカス!

アクセスランキングをもっと見る

page top