岩手建協、新会長に三陸土建代表取締役・木下紘氏 画像 岩手建協、新会長に三陸土建代表取締役・木下紘氏

インバウンド・地域活性

 岩手県建設業協会は29日に理事会を開き、副会長の木下紘氏を次期会長とする役員人事を決めた。宇部貞宏前会長が22日に死去したことを受け、29日付で木下氏が会長に就いた。
 木下 紘氏(きのした・ひろし) 66年日本大学法学部卒、69年三陸土建(盛岡市)入社。70年取締役、71年代表取締役。10年5月岩手県建設業協会副会長、同6月全国中小建設業協会評議員。兵庫県出身、72歳。

岩手建協/新会長に木下紘氏(三陸土建代表取締役)就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 富裕層インバウンドの法則その1

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top