岩手建協、新会長に三陸土建代表取締役・木下紘氏 画像 岩手建協、新会長に三陸土建代表取締役・木下紘氏

インバウンド・地域活性

 岩手県建設業協会は29日に理事会を開き、副会長の木下紘氏を次期会長とする役員人事を決めた。宇部貞宏前会長が22日に死去したことを受け、29日付で木下氏が会長に就いた。
 木下 紘氏(きのした・ひろし) 66年日本大学法学部卒、69年三陸土建(盛岡市)入社。70年取締役、71年代表取締役。10年5月岩手県建設業協会副会長、同6月全国中小建設業協会評議員。兵庫県出身、72歳。

岩手建協/新会長に木下紘氏(三陸土建代表取締役)就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  4. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  5. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

アクセスランキングをもっと見る

page top