岩手建協、新会長に三陸土建代表取締役・木下紘氏 画像 岩手建協、新会長に三陸土建代表取締役・木下紘氏

インバウンド・地域活性

 岩手県建設業協会は29日に理事会を開き、副会長の木下紘氏を次期会長とする役員人事を決めた。宇部貞宏前会長が22日に死去したことを受け、29日付で木下氏が会長に就いた。
 木下 紘氏(きのした・ひろし) 66年日本大学法学部卒、69年三陸土建(盛岡市)入社。70年取締役、71年代表取締役。10年5月岩手県建設業協会副会長、同6月全国中小建設業協会評議員。兵庫県出身、72歳。

岩手建協/新会長に木下紘氏(三陸土建代表取締役)就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

    追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 朝日温海道路の新潟県内区域工事、約50%がトンネルや橋梁に!

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. 訪日外国人による高速バス利用を手助けするサイト、国土交通省が立ち上げ

  7. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  8. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

アクセスランキングをもっと見る

page top