【回転窓】外で遊ばぬ子どもの言い分 画像 【回転窓】外で遊ばぬ子どもの言い分

インバウンド・地域活性

 今週に入り、通勤電車の車内から学生が減り、夏休み到来を実感した方も多いのではないか。静かな車内を見ながら、出勤前に隣家の子どもが母親に勉強を促される声を聞いたことを思い出し、夏休みの宿題だったかと得心した。塾やサッカークラブに通っているから宿題は負担だろう▼最近は、昔に比べると屋外で遊ぶ子どもの姿がずいぶん少なくなったように思う。国の調査によると、塾通いや習い事の多さ、パソコンや携帯端末によるゲームの普及がその理由として挙がっていた。だが、当の子どもの言い分は異なるようだ▼隣家の子どもに聞くと、公園は禁止事項が多くて興味を引く遊具もないという。緑地はあるが、カブトムシなどの昆虫が来る樹木はない。川はコンクリートで囲まれ、水に近づくことは禁止だ▼子どものけがなどを恐れて、面白味のない公園を作り、川からも遠ざける。維持管理の容易さを優先し、緑地からは生き物が集まる落葉樹を減らしてしまう。そんな大人の都合が、子どもから外遊びを奪っているのかもしれない▼子どもの辛らつな意見に、インフラの在り方を考えさせられた。

回転窓/外で遊ばぬ子どもの言い分

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 名古屋市が「ノリタケの森」開発で地区計画素案を受理、ノリタケら4社が共同提案

    名古屋市が「ノリタケの森」開発で地区計画素案を受理、ノリタケら4社が共同提案

  3. ~規制緩和が生む新観光業:1~地方特化の通訳ガイドはじまる

    ~規制緩和が生む新観光業:1~地方特化の通訳ガイドはじまる

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  6. 渋谷駅近くの2大プロジェクトの名称、「渋谷ストリーム」と「渋谷キャスト」に

  7. 熊本地震で被災した阿蘇神社の復旧工事、楼門解体作業が大詰め

  8. 東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

  9. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  10. 小田原城天守閣改修見学会開く、最上階に天守七尊の仏教空間再現

アクセスランキングをもっと見る

page top