人工育成されたイセエビ稚エビの試験放流実施……三重県で調査目的としては国内初 画像 人工育成されたイセエビ稚エビの試験放流実施……三重県で調査目的としては国内初

インバウンド・地域活性

 三重県が人工的に孵化・飼育したイセエビの稚エビの試験放流を行う。人工的に育てたイセエビ稚エビを調査目的で試験放流するのは国内でも初めて。

 三重県は水産研究所を通じ、イセエビの安定漁業生産を目指し、種苗生産を行ってきた。これまでに、太鼓型水槽の使用や飼育環境改善を行い、稚エビの生残率向上や疾患発生の軽減を実現している。

 今回の放流では、人口育成稚エビの行動や生息環境を調査すると同時に、漁猟サイズに達する1~2年後の再捕率を検証する。試験放流は8月7日、和具漁港中央突堤付近で実施。体長8~12cmの稚エビ28尾を放流する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  2. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  3. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

    造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  4. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top