人工育成されたイセエビ稚エビの試験放流実施……三重県で調査目的としては国内初 画像 人工育成されたイセエビ稚エビの試験放流実施……三重県で調査目的としては国内初

インバウンド・地域活性

 三重県が人工的に孵化・飼育したイセエビの稚エビの試験放流を行う。人工的に育てたイセエビ稚エビを調査目的で試験放流するのは国内でも初めて。

 三重県は水産研究所を通じ、イセエビの安定漁業生産を目指し、種苗生産を行ってきた。これまでに、太鼓型水槽の使用や飼育環境改善を行い、稚エビの生残率向上や疾患発生の軽減を実現している。

 今回の放流では、人口育成稚エビの行動や生息環境を調査すると同時に、漁猟サイズに達する1~2年後の再捕率を検証する。試験放流は8月7日、和具漁港中央突堤付近で実施。体長8~12cmの稚エビ28尾を放流する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

    インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  4. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. 【果物お土産ビジネス:4】全てはホームページから始まった!

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

アクセスランキングをもっと見る

page top