高速道路のSA・PAを沿道地域に開放し活用提案を募集……国交省 画像 高速道路のSA・PAを沿道地域に開放し活用提案を募集……国交省

インバウンド・地域活性

国土交通省は、地域活性化の一環として高速道路のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)を沿道地域に開放する施策を展開すると発表した。

高速道路会社の管理する高速道路のSA、PAは従来、高速道路利用者だけの使用を前提としたものとなっている。しかし、最近は、高速道路から出ることなく一般道路側の施設を利用できるハイウェイオアシスや、人が高速道路外から高速道路の休憩施設に自由に行き来できるウェルカムゲートの設置などにより、沿道地域からの利用もできるケースが出ている。

国交省では、地域活性化の一環として、沿道地域への開放を加速し、高速道路の休憩施設を活用した観光振興を促進するため、地域に開かれた先駆的な取組をモデル箇所を選定、関係機関が連携して総合的に支援していく。

このため、地方自治体からSA、PAを地域の核とするための提案を募集する。

提案の中から、観光振興や地域活性化の核となる先駆的な取組をモデル箇所として選定し、地方整備局や、高速道路会社が連携し、計画段階から総合的に支援していく。

高速道路のSA・PAを沿道地域に開放へ…提案を募集

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 虎ノ門一丁目東地区再開発、地下鉄虎ノ門駅直上で計画検討へ

  9. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  10. 京急泉岳寺駅~新馬場駅間を連立化、3カ所ある踏み切りを除却へ

アクセスランキングをもっと見る

page top