国交省、就労履歴管理システム構築に向け官民コンソーシアム立ち上げ……個別IDの技能者カード発行 画像 国交省、就労履歴管理システム構築に向け官民コンソーシアム立ち上げ……個別IDの技能者カード発行

人材

 国土交通省は、建設技能者の就労履歴管理システム(仮称)の構築に向けた官民コンソーシアムを立ち上げ、8月6日に初会合を開く。約350万人の技能者全員に、個別にIDを付与した「技能者カード」を発行。国内の全建設現場に備えるカードリーダーから各技能者の情報を読み取ることで、データベースに就労履歴を蓄積する。業界関係者や学識経験者、行政が一堂に会するコンソーシアムで運営主体の選定方法や費用負担などの具体的な議論を始める。
 技能者の資格保有や研修受講などを含めた情報を蓄積して「見える化」する就労履歴管理システムについて国交省は、「技能者の処遇改善や現場での適切な人員配置といった効果が期待できる」(労働資材対策室)としている。コンソーシアムでは、単一の運営主体による適切なデータ管理手法、採算性と持続性を確保したビジネスモデルの構築、合理的な費用負担のあり方やシステムの適切な名称などを議論。15年度内に中間まとめを行った上で、システムの全体設計や試行運用を経て、17年度から本格運用する。初会合では、MCデータプラス、コムテックス、就労履歴登録機構が既存サービスを紹介。コンソーシアムの下部組織として詳細な要件を検討する作業グループも設ける。

就労履歴管理システム/官民コンソーシアム、8月6日に初会合/国交省

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  2. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

    「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  3. ~サテライトオフィスの利点:2~地方に人材雇用のチャンス

    ~サテライトオフィスの利点:2~地方に人材雇用のチャンス

  4. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  5. 【今週のエンジニア女子】会社に属さないインフラのプロ……木皿智子さん

  6. 社保加入促進、3次下請が初の9割台。着実に加入進展

  7. ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

  8. 新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

  9. 人手不足の解決法:1 外国人留学生をスタッフに/Zoff

  10. 朝ドラ『ひよっこ』 美しい「労働観」に人々は理想の職場を重ねた

アクセスランキングをもっと見る

page top