日建協加盟組合22年ぶりに7割以上ベースアップ獲得、昇給平均3.9%増の1万5325円 画像 日建協加盟組合22年ぶりに7割以上ベースアップ獲得、昇給平均3.9%増の1万5325円

マネジメント

 日本建設産業職員労働組合協議会(日建協、植村芳輝議長)がまとめた15年賃金交渉結果によると、加盟36組合のうち26組合(前年6組合)がベースアップ(ベア)を獲得した。ベアは組合員数を考慮した加重平均で前年比1・49%増の5768円、各加盟組合が得たのは600~1万円だった。ベア獲得組合が7割を超えたのは22年ぶり。定期昇給とベアを合わせた昇給額(加重平均)は3・95%増の1万5325円となった。
 調査には33組合が回答した。月例賃金は妥結に至っていない2組合を除く31組合が前年を上回った。一時金が増えたのは24組合、前年と同水準が4組合。妥結した28組合の一時金は3・52カ月(加重平均)となった。年収は、同年齢加重平均ベースで前年比5・35%増となる。初任給は24組合で上昇し、うち17組合が会社から提示があった。日建協は初任給の要求基準を21万円(22歳総合職)と設定しており、達成は27組合に増えた。ただ、組合側が要求した賃金水準とは月例、年収とも依然かい離があり、引き続き改善を求めていく。年収は底上げされているが、組合間の年収の差は拡大傾向にあるという。

日建協加盟組合/7割以上がベア獲得/22年ぶり、昇給平均1万5325円

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

    事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  2. 全建ブロック会議を振り返る・上/「危機管理産業」どう維持

    全建ブロック会議を振り返る・上/「危機管理産業」どう維持

  3. 建設コンサルがM&A加速! 勝ち残りへ事業多角化

    建設コンサルがM&A加速! 勝ち残りへ事業多角化

  4. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

  5. 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

  6. ジョンソン日立空調が始動、売上規模5250億円を目標

  7. 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

  8. 国交省・谷脇建設産業局長「建設業制度と運用、将来像に照らし再考を」

  9. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  10. 少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

アクセスランキングをもっと見る

page top