日建協加盟組合22年ぶりに7割以上ベースアップ獲得、昇給平均3.9%増の1万5325円 画像 日建協加盟組合22年ぶりに7割以上ベースアップ獲得、昇給平均3.9%増の1万5325円

マネジメント

 日本建設産業職員労働組合協議会(日建協、植村芳輝議長)がまとめた15年賃金交渉結果によると、加盟36組合のうち26組合(前年6組合)がベースアップ(ベア)を獲得した。ベアは組合員数を考慮した加重平均で前年比1・49%増の5768円、各加盟組合が得たのは600~1万円だった。ベア獲得組合が7割を超えたのは22年ぶり。定期昇給とベアを合わせた昇給額(加重平均)は3・95%増の1万5325円となった。
 調査には33組合が回答した。月例賃金は妥結に至っていない2組合を除く31組合が前年を上回った。一時金が増えたのは24組合、前年と同水準が4組合。妥結した28組合の一時金は3・52カ月(加重平均)となった。年収は、同年齢加重平均ベースで前年比5・35%増となる。初任給は24組合で上昇し、うち17組合が会社から提示があった。日建協は初任給の要求基準を21万円(22歳総合職)と設定しており、達成は27組合に増えた。ただ、組合側が要求した賃金水準とは月例、年収とも依然かい離があり、引き続き改善を求めていく。年収は底上げされているが、組合間の年収の差は拡大傾向にあるという。

日建協加盟組合/7割以上がベア獲得/22年ぶり、昇給平均1万5325円

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

    社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  2. 建設技術研究所が民事再生の日総建支援…都市計画部門強化へ

    建設技術研究所が民事再生の日総建支援…都市計画部門強化へ

  3. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

    「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  4. 公営住宅にコンセッションは困難、国交省の調査結果で

  5. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  6. 日建連会員/研究開発、品質・生産性向上に注力/投資比率は上昇傾向

  7. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  8. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  9. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  10. 【働く】墨東建材工業・田坂勝正会長、田坂芳郎社長…チームワーク高め成長継続

アクセスランキングをもっと見る

page top