日建協加盟組合22年ぶりに7割以上ベースアップ獲得、昇給平均3.9%増の1万5325円 画像 日建協加盟組合22年ぶりに7割以上ベースアップ獲得、昇給平均3.9%増の1万5325円

マネジメント

 日本建設産業職員労働組合協議会(日建協、植村芳輝議長)がまとめた15年賃金交渉結果によると、加盟36組合のうち26組合(前年6組合)がベースアップ(ベア)を獲得した。ベアは組合員数を考慮した加重平均で前年比1・49%増の5768円、各加盟組合が得たのは600~1万円だった。ベア獲得組合が7割を超えたのは22年ぶり。定期昇給とベアを合わせた昇給額(加重平均)は3・95%増の1万5325円となった。
 調査には33組合が回答した。月例賃金は妥結に至っていない2組合を除く31組合が前年を上回った。一時金が増えたのは24組合、前年と同水準が4組合。妥結した28組合の一時金は3・52カ月(加重平均)となった。年収は、同年齢加重平均ベースで前年比5・35%増となる。初任給は24組合で上昇し、うち17組合が会社から提示があった。日建協は初任給の要求基準を21万円(22歳総合職)と設定しており、達成は27組合に増えた。ただ、組合側が要求した賃金水準とは月例、年収とも依然かい離があり、引き続き改善を求めていく。年収は底上げされているが、組合間の年収の差は拡大傾向にあるという。

日建協加盟組合/7割以上がベア獲得/22年ぶり、昇給平均1万5325円

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 宮城建協「建設女性の会」が発足、職場環境改善や戦略的広報展開

    宮城建協「建設女性の会」が発足、職場環境改善や戦略的広報展開

  2. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  3. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  4. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  5. 生コン工場集約加速、首都圏周辺需要減少が経営圧迫/系列越えた協業も

  6. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  7. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  8. ミサワホーム、大規模宅地の液状化対策で飛島建設とコラボ

  9. ファミマ・ユニー統合! どうなる業界再編?

  10. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

アクセスランキングをもっと見る

page top