富士重、国内販売も3%増で第1四半期営業利益は1342億円と過去最高 画像 富士重、国内販売も3%増で第1四半期営業利益は1342億円と過去最高

マネジメント

富士重工業(スバル)が7月31日に発表した2016年3月期の第1四半期(4-6月期)連結決算は、主力の米国販売の好調や対ドルでの円安効果で営業利益は前年同期比71%増の1342億円と大幅増益になった。

前年に続いて同期での最高を更新するとともに、全ての四半期でも最高だった。第1四半期の世界販売は31%増の22万5100台となった。09年から過去最高の販売を持続している米国は25%増の14万台と好調に推移した。

全体需要が落ち込んだ日本も3%増の2万8000台と健闘している。為替変動の影響は営業損益段階で500億円の増益要因となった。純利益は61%増の842億円だった。これも全ての四半期で最高となった。

通期予想は営業利益で5030億円(前期比19%増)などとしている期初時点の数値を据え置いた。前提レートも同様に1ドル118円を維持。会見した高橋充専務執行役員は「為替の前提維持はやや保守的かもしれないが、それ以外の販売などは期初想定にオンザラインでビジネスが進んでいる」と述べた。

富士重、第1四半期営業利益は71%増の1342億円と過去最高

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

    大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  2. 「民間工事にも発注者責任を」…基礎杭問題の予防策議論

    「民間工事にも発注者責任を」…基礎杭問題の予防策議論

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 日建連の国際フォーラム、外国人受け入れベストプラクティス表彰

  5. 回転寿司業界は寿司以外のメニューが熱い!?

  6. オオバ、生産緑地の活用策を提案するコンサル事業開始

  7. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  8. 後継者不在などで悩む中小の拠り所、事業引継ぎ支援センター・相談窓口が増加

  9. キーレスエントリ関連技術特許総合ランキング、トップは東海理化

  10. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

アクセスランキングをもっと見る

page top