富士重、国内販売も3%増で第1四半期営業利益は1342億円と過去最高 画像 富士重、国内販売も3%増で第1四半期営業利益は1342億円と過去最高

マネジメント

富士重工業(スバル)が7月31日に発表した2016年3月期の第1四半期(4-6月期)連結決算は、主力の米国販売の好調や対ドルでの円安効果で営業利益は前年同期比71%増の1342億円と大幅増益になった。

前年に続いて同期での最高を更新するとともに、全ての四半期でも最高だった。第1四半期の世界販売は31%増の22万5100台となった。09年から過去最高の販売を持続している米国は25%増の14万台と好調に推移した。

全体需要が落ち込んだ日本も3%増の2万8000台と健闘している。為替変動の影響は営業損益段階で500億円の増益要因となった。純利益は61%増の842億円だった。これも全ての四半期で最高となった。

通期予想は営業利益で5030億円(前期比19%増)などとしている期初時点の数値を据え置いた。前提レートも同様に1ドル118円を維持。会見した高橋充専務執行役員は「為替の前提維持はやや保守的かもしれないが、それ以外の販売などは期初想定にオンザラインでビジネスが進んでいる」と述べた。

富士重、第1四半期営業利益は71%増の1342億円と過去最高

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省・海堀安喜建設流通政策審議官「量より質」重視

    国交省・海堀安喜建設流通政策審議官「量より質」重視

  2. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

    グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  3. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

    飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  4. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  5. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  6. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  7. 日本建築士事務所協会連合会、大内達史会長が2期目へ

  8. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  9. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  10. 工事現場にもパウダールーム、鹿島が推進

アクセスランキングをもっと見る

page top