富士重、国内販売も3%増で第1四半期営業利益は1342億円と過去最高 画像 富士重、国内販売も3%増で第1四半期営業利益は1342億円と過去最高

マネジメント

富士重工業(スバル)が7月31日に発表した2016年3月期の第1四半期(4-6月期)連結決算は、主力の米国販売の好調や対ドルでの円安効果で営業利益は前年同期比71%増の1342億円と大幅増益になった。

前年に続いて同期での最高を更新するとともに、全ての四半期でも最高だった。第1四半期の世界販売は31%増の22万5100台となった。09年から過去最高の販売を持続している米国は25%増の14万台と好調に推移した。

全体需要が落ち込んだ日本も3%増の2万8000台と健闘している。為替変動の影響は営業損益段階で500億円の増益要因となった。純利益は61%増の842億円だった。これも全ての四半期で最高となった。

通期予想は営業利益で5030億円(前期比19%増)などとしている期初時点の数値を据え置いた。前提レートも同様に1ドル118円を維持。会見した高橋充専務執行役員は「為替の前提維持はやや保守的かもしれないが、それ以外の販売などは期初想定にオンザラインでビジネスが進んでいる」と述べた。

富士重、第1四半期営業利益は71%増の1342億円と過去最高

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

    「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

  2. 建設技術研究所が民事再生の日総建支援…都市計画部門強化へ

    建設技術研究所が民事再生の日総建支援…都市計画部門強化へ

  3. 国交省が空き家対策支援を強化、16年度に専用補助事業創設

    国交省が空き家対策支援を強化、16年度に専用補助事業創設

  4. 見えてきたドコモのV字回復、増益支える鍵は?

  5. 大阪府立病院機構、呼吸器・アレルギー医療センターの施設整備を計画

  6. 小売業界にとって魅力的な海外進出先ランキング!

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  8. 「WeChat」と連動!“爆買い”を促すデジタルサイネージ

  9. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  10. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

アクセスランキングをもっと見る

page top