マレーシアは2020年までに経済大国に……ASEANを世界第5位へ 画像 マレーシアは2020年までに経済大国に……ASEANを世界第5位へ

海外進出

目標は、ASEAN世界第5位にランクインThe Associated Chinese Chambers of Commerce and Industry of Malaysia(ACCCIM)(マレーシア華人商工会連合会)の第69回年次総会が今年も 7月25日に開催された。ASEANの目標は、2020年までにマレーシア企業が積極的に優秀な外国企業からの最新技術を学び、事業に協力連携することで先進国マレーシアを確立、ASEANとして世界第5位の経済大国になることを目指している。Datuk Seri Mustapa Mohomed大臣のスピーチ経済産業省(Miti)のDatuk Seri Mustapa Mohomed大臣からのスピーチが総会で伝えられた。マレーシア政府は、経済成長と国家発展のためにマレーシアでの企業やビジネスに対してエコシステムの提供を続けていく意志を強調した。エコシステムとは、ASEANは、現在、600万人以上の消費者市場で国内総生産は、2.5兆ドル(米ドル)世界第7位の経済大国である。毎年、多くの海外企業がASEAN各国、マレーシアへ参入している。マレーシア社会と民主主義マレーシア社会は、才能ある労働力を伸ばす包囲力、技術の開発と進歩への努力、誠実でフレンドリーなビジネス関係、道徳的で寛容な社会であると多くの独立した海外国際機関で認識されつつある。世界銀行の2015年ビジネスレポートでもマレーシアは、世界で事業進出しやすい国として18位にランクインしている。世界経済フォーラムでは、グローバル競争力インデックス2014年から2015年のランキングでは、世界144ヵ国内、世界的に競争力のある国として前回の24位から20位にランクアップされた。マレーシア貿易開発公社と投資開発庁ともに経済産業省も各国で開催される国際博覧会への参加を積極的に奨励している。今年の9月と10月に開催される投資と貿易のための第19回中国国際フェア(CIFIT)と第118回中国輸出入フェア(カントン・フェア)にも参加予定である。マレーシア社会の寛容で穏やかな民主主義が海外企業の参入とともに経済発展を遂げASEAN、発展途上国のモデルとなるように邁進し続けている。(画像はACCCIMホームページより)

2020年までに経済大国マレーシアへ

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  2. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  3. 五洋建設、マダガスカルで港湾工事初受注/トアマシナ港

    五洋建設、マダガスカルで港湾工事初受注/トアマシナ港

  4. インド新幹線、日印政府が実施計画作り着手、日本の建設会社進出へ

  5. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  6. 日系企業のASEAN進出件数が増加! トップはタイ、マレーシアは5位

  7. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  8. 飲食店の訪日外国人受け入れ対策の実態とは

  9. 日建設計、豪バカンとの業務提携で来年1月より人材・技術交流

  10. キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

アクセスランキングをもっと見る

page top