台湾 マレーシアを足がかりにハラール食品を世界に輸出 画像 台湾 マレーシアを足がかりにハラール食品を世界に輸出

海外進出

マレーシアから世界へクアラルンプール 台湾貿易センター 代表理事 Jessie Tseng氏は、23日、台湾は、世界的に需要の高いハラール食品の輸出を、まずは、マレーシア市場を足がかりに進めていくと明らかにした。同氏は、台湾政府は現在、台湾の食品製造会社に、ハラール認証の取得が可能な食品をこれまで以上に生産するよう働きかけているとした。ハラール認証の取得は、課題でもあるマレーシア 台北経済文化事務所 副代表 Moses Cheng Shyang-Yun氏は、マレーシアは、台湾にとって、8番目の貿易相手国で、昨年の両国間での貿易収支総額は、174億USドルに達したとしたが、ハラール認証の取得は、マレーシアへの食品輸出における課題でもあるとした。また、同氏は、以下のように述べている。(画像は台湾貿易センターホームページより)

台湾 マレーシアからハラール食品を

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. ダイハツ、新型商用トラックをインドネシアで展開。現地ニーズを捉えて

  6. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  7. みちのくプロレス、バンコクで興行、ダンプ松本も参戦!

  8. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  9. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  10. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

アクセスランキングをもっと見る

page top