三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減 画像 三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減

制度・ビジネスチャンス

三菱自動車は7月30日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高5005億円(前年同期比-2.6%)、営業利益は186億円(-39.8%)、経常利益は241億円(-26.1%)、四半期純利益は239億円(-14.8%)だった。

第1四半期累計期間の販売台数は26万2000台(+1%)。国内では、軽自動車、登録車ともに前年同期を下回り1万8000台(-35%)となった。北米は3万5000台(+25%)、欧州は5万5000台(+6%)、アジアは7万8000台(-8%)、その他地域は7万6000台(+14%)だった。

収益面では、軽自動車や新型車への切り替え移行期にある『アウトランダーPHEV』の卸売台数が減少し、台数・車種構成等がマイナスに影響したことなどにより、39.8%の営業減益となった。

通期連結業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

    「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 絶対回収するすごい方法!

    絶対回収するすごい方法!

  4. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  5. 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  6. 【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

  7. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  8. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  9. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  10. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top