三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減 画像 三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減

制度・ビジネスチャンス

三菱自動車は7月30日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高5005億円(前年同期比-2.6%)、営業利益は186億円(-39.8%)、経常利益は241億円(-26.1%)、四半期純利益は239億円(-14.8%)だった。

第1四半期累計期間の販売台数は26万2000台(+1%)。国内では、軽自動車、登録車ともに前年同期を下回り1万8000台(-35%)となった。北米は3万5000台(+25%)、欧州は5万5000台(+6%)、アジアは7万8000台(-8%)、その他地域は7万6000台(+14%)だった。

収益面では、軽自動車や新型車への切り替え移行期にある『アウトランダーPHEV』の卸売台数が減少し、台数・車種構成等がマイナスに影響したことなどにより、39.8%の営業減益となった。

通期連結業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

    ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  5. ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

  6. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  7. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  8. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  9. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  10. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top