三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減 画像 三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減

制度・ビジネスチャンス

三菱自動車は7月30日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高5005億円(前年同期比-2.6%)、営業利益は186億円(-39.8%)、経常利益は241億円(-26.1%)、四半期純利益は239億円(-14.8%)だった。

第1四半期累計期間の販売台数は26万2000台(+1%)。国内では、軽自動車、登録車ともに前年同期を下回り1万8000台(-35%)となった。北米は3万5000台(+25%)、欧州は5万5000台(+6%)、アジアは7万8000台(-8%)、その他地域は7万6000台(+14%)だった。

収益面では、軽自動車や新型車への切り替え移行期にある『アウトランダーPHEV』の卸売台数が減少し、台数・車種構成等がマイナスに影響したことなどにより、39.8%の営業減益となった。

通期連結業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

    新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 道路舗装大手8社の15年4~9月期決算、4社増収、7社増益

  6. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  7. サドルかけるだけの駐輪スタンド、“ロード”利用者受け入れにも

  8. 鶏ムネ肉、2割高で推移/高い健康性、スーパーの販売好調!

  9. 話題のシェアサイクル、使い勝手や現地の感想は? 中国に行って聞いてきた

  10. 靴の上に履くJIS準拠の「安全靴」――山善『フットプロテクター』

アクセスランキングをもっと見る

page top