三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減 画像 三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減

制度・ビジネスチャンス

三菱自動車は7月30日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高5005億円(前年同期比-2.6%)、営業利益は186億円(-39.8%)、経常利益は241億円(-26.1%)、四半期純利益は239億円(-14.8%)だった。

第1四半期累計期間の販売台数は26万2000台(+1%)。国内では、軽自動車、登録車ともに前年同期を下回り1万8000台(-35%)となった。北米は3万5000台(+25%)、欧州は5万5000台(+6%)、アジアは7万8000台(-8%)、その他地域は7万6000台(+14%)だった。

収益面では、軽自動車や新型車への切り替え移行期にある『アウトランダーPHEV』の卸売台数が減少し、台数・車種構成等がマイナスに影響したことなどにより、39.8%の営業減益となった。

通期連結業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  2. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

    どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  3. 業績を上げたいのなら、まずは会計のしくみから作れ!

    業績を上げたいのなら、まずは会計のしくみから作れ!

  4. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  5. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  6. ■ニュース深堀り!■融資で不足な資金を調達する活性化ファンド

  7. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  8. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  9. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  10. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top