電気柵、ユーザーだけでなくメーカーにも安全配慮を……新潟県が経産省に要望 画像 電気柵、ユーザーだけでなくメーカーにも安全配慮を……新潟県が経産省に要望

インバウンド・地域活性

 静岡県西伊豆町で7月19日に発生した電気柵による感電事故を受け、各所で注意喚起が行われている。その中で、新潟県が経済産業省に対して要望を行った。

 電気柵は電気事業法や関連省令により設置の規定が定められている。今回の事故を受け、農林水産省から各地方農政局生産部長らに対し、電気柵の安全措置について再点検や改善指導の依頼が行われていた。

 これに対して新潟県は、電気柵がネットなどで容易に入手可能で、設置に際し電気工事士といった資格も必要ないため、安全措置が設置者の自主性にゆだねられている点を指摘。ユーザーへの注意喚起だけでなく、メーカーに向けた製品の安全性向上の取り組み要請が必要であると訴えている。

 具体的には、今後販売する製品については、漏電遮断機能を備えた電源装置に限定すること。さらに、ユーザーには漏電遮断機能の確保と、漏電遮断機能付き製品への買い換えを促すことの2点を要請した。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  4. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  5. 埼玉県蓮田駅西口再開発、採算性から27階建てを14階建てに

  6. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  7. “実はすごい”ものづくり企業の動画作成、大分県で人材確保支援

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 求ム!若い発想、農山村ビジネスプランコンテストが盛況!!

アクセスランキングをもっと見る

page top