米オートデスク、大成建設がBIM普及に向け提携、研究開発や技術活用で協力 画像 米オートデスク、大成建設がBIM普及に向け提携、研究開発や技術活用で協力

IT業務効率

 米オートデスク(カリフォルニア州、カール・バス社長)と大成建設の設計本部は29日、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)の普及を目指して研究開発などで協力するパートナーシップを構築することで合意したと発表した。両社は今後、プロジェクトの企画から設計、施工、維持管理までのBIMに関連する先進的な技術の開発・活用を共同で推進し、幅広いワークフローで業務の効率化を図る方針だ。
 合意した内容は、▽設計施工分野でBIMの情報を活用した業務間連携を推進するIT基盤の構築(Integrated BIMの実現)▽日本の規格・基準に適合するBIM機能の開発とライブラリー開発(一部実施中)▽国内外プロジェクトでのBIMの推進▽環境対応認証(CASBEEやLEEDなど)を念頭に置いた設計技術のノウハウ構築と既存アプリケーションの統合推進▽プロジェクトに関係する協力会社との情報共有と技術協力を体系化し、BIMを活用した新たな生産システムの構築-の5点。これらを実際のプロジェクトで検証し、技術・システムの確立に取り組む。提携によってオートデスクは、BIMのアプリケーション力、大成建設は設計・施工分野の技術力をそれぞれ高められるという。今後は研究の進ちょくを見極めながら、BIMの適用範囲を段階的に広げる一方、業界各社との協力関係も築く。

米オートデスク、大成建設/BIM普及へ提携/研究開発や技術活用で協力

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. 【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

  7. 【スマート林業:6】新しい人材、新しい学びの場

  8. 川崎地質がけん引式空洞探査車を開発

  9. 【ITで強い商店街を作る:3】今どきの商店街のO2O戦略

  10. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

アクセスランキングをもっと見る

page top