東急不動産、用地・工事コストなど高止まりを受けて投資計画見直しへ 画像 東急不動産、用地・工事コストなど高止まりを受けて投資計画見直しへ

制度・ビジネスチャンス

 東急不動産の植村仁社長は29日、日刊建設工業新聞など専門紙各社と懇談し、現行の中期投資計画を見直す考えを明らかにした。14~16年度の3年間で東急不動産ホールディングスのグループ全体で総額8200億円の投資を計画しているが、開発用地の確保が厳しく、建築費も高止まりする中で「無理して投資する必要はない」と指摘。どの分野をどれだけ削減するかは未定としつつ、早急に新たな投資戦略の考え方を整理する方針を表明した。
 3カ年の投資総額のうち、国内では稼働・開発型(固定資産)に2000億円、都市事業系(棚卸資産)に3100億円、住宅事業系(同)に2100億円を投じる。このほか、海外事業(北米・アジア)550億円、企業合併・買収(M&A)などの戦略投資450億円を見込む。都市開発関係では東京・渋谷地域の再開発関係に2000億円程度を投じることが決まっている。植村社長は「厳しい状況下で無理して用地を仕入れ、オフィスや商業施設をどこまで開発するか。渋谷の再開発関連はいじれないが、そのほかの部分の考え方を早期に整理したい」と表明。限られた人的資源を有効活用するため、「BCP(事業継続計画)の観点から、事業ポートフォリオも見直していきたい」との考えを示した。

東急不・植村仁社長/3カ年投資計画見直しへ/用地・工事コスト高で抑制にかじ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

    どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  2. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

    「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

  3. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

    「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  6. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  7. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  8. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  9. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  10. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

アクセスランキングをもっと見る

page top