兵庫県猪名川町の産業拠点地区町有地活用の事業者募集開始、2016年度末の新名神高速開通をにらみ 画像 兵庫県猪名川町の産業拠点地区町有地活用の事業者募集開始、2016年度末の新名神高速開通をにらみ

インバウンド・地域活性

 兵庫県猪名川町は、産業拠点地区に位置付けた町有地を活用する事業者を選定するため、30日に公募型プロポーザルの手続きを開始する。民間活力を最大限に生かしたまちづくりを進めるのが目的で、16年度末に新名神高速道路の開通が予定される中、企業誘致による産業振興や雇用機会の確保など地域の活性化を図る。30日に募集要項を公表し、8月6日に説明会を開く。対象地は県道川西篠山線沿いの約44・5ヘクタール(肝川、差組地内)。新名神高速道路の川西インターチェンジ(仮称)から県道川西インター線(整備中、4車線)を経由して約2キロに位置する。市街化調整区域で、14年8月に地区計画で産業拠点地区に定めた。
 提案者の資格は、自らが対象地の所有権を取得して開発事業を行える法人で、複数の法人で構成するグループでの提案も可能。プロポーザルでは地域産業の振興や新たな就業機会の場の創出によって地域経済の活性化に寄与する生産・研究・流通施設などを誘致できる産業拠点の事業計画を求め、学識経験者らで構成する事業者選定委員会が優先交渉事業者を選定する。9月4~10日に参加表明書、同24日~10月15日に提案図書をそれぞれ受け付け、12月に選考結果を発表する予定。なお、説明会の参加申し込みは31日~8月4日に受け付ける。問い合わせは、同町役場まちづくり推進室(電話072・768・8721)まで。

兵庫県猪名川町/産業拠点地区町有地活用/事業者募集開始、8月6日説明会

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  4. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 【対談】広島県知事vsアスカネット社長…広島にはイノベーターを生み出すDNAがある

アクセスランキングをもっと見る

page top