兵庫県猪名川町の産業拠点地区町有地活用の事業者募集開始、2016年度末の新名神高速開通をにらみ 画像 兵庫県猪名川町の産業拠点地区町有地活用の事業者募集開始、2016年度末の新名神高速開通をにらみ

インバウンド・地域活性

 兵庫県猪名川町は、産業拠点地区に位置付けた町有地を活用する事業者を選定するため、30日に公募型プロポーザルの手続きを開始する。民間活力を最大限に生かしたまちづくりを進めるのが目的で、16年度末に新名神高速道路の開通が予定される中、企業誘致による産業振興や雇用機会の確保など地域の活性化を図る。30日に募集要項を公表し、8月6日に説明会を開く。対象地は県道川西篠山線沿いの約44・5ヘクタール(肝川、差組地内)。新名神高速道路の川西インターチェンジ(仮称)から県道川西インター線(整備中、4車線)を経由して約2キロに位置する。市街化調整区域で、14年8月に地区計画で産業拠点地区に定めた。
 提案者の資格は、自らが対象地の所有権を取得して開発事業を行える法人で、複数の法人で構成するグループでの提案も可能。プロポーザルでは地域産業の振興や新たな就業機会の場の創出によって地域経済の活性化に寄与する生産・研究・流通施設などを誘致できる産業拠点の事業計画を求め、学識経験者らで構成する事業者選定委員会が優先交渉事業者を選定する。9月4~10日に参加表明書、同24日~10月15日に提案図書をそれぞれ受け付け、12月に選考結果を発表する予定。なお、説明会の参加申し込みは31日~8月4日に受け付ける。問い合わせは、同町役場まちづくり推進室(電話072・768・8721)まで。

兵庫県猪名川町/産業拠点地区町有地活用/事業者募集開始、8月6日説明会

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

  5. 【果物お土産ビジネス:4】全てはホームページから始まった!

  6. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  7. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  8. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 飯田橋駅を改良工事、ホームの隙間など安全対策

アクセスランキングをもっと見る

page top