山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し 画像 山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し

制度・ビジネスチャンス

 山梨県が起業家支援融資の制度改正を行った。融資限度額を昨年度の1500万円から2500万円に拡大し、県内の企業を後押しする。

 起業家支援融資の対象としては、個人の場合は新規に中小企業を立ち上げ予定、もしくは事業開始から5年未満であること。一方、中小企業については、分社化の予定があるか、設立開始から5年未満であることが条件となる。

 運転資金や設備資金にあてる資金は、無担保・無保証人で融資する。ただし、山梨県信用保証協会の保証が必要で、法人の場合は代表1名の保証人が必要になる。利率は2.1%で、償還期間は運転資金の場合が5年以内、設備資金の場合が7年以内。

 なお、山梨県では商業振興金融課内に「中小企業金融相談窓口」を設置し、起業時の資金繰りなどの相談に応じている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  5. 民間戸建て団地再生へ官民連絡会議を発足、「選ばれる住宅団地」目指す!

  6. 国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

  7. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  8. 海外建設協会会員の15年度上期受注額、前年同期比11・1%減

  9. 【着地型観光:3】ストーリーをどう作ればいいのか?

  10. 『子ども・青少年のスポーツライフ・データ』最新刊プレゼント

アクセスランキングをもっと見る

page top