山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し 画像 山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し

制度・ビジネスチャンス

 山梨県が起業家支援融資の制度改正を行った。融資限度額を昨年度の1500万円から2500万円に拡大し、県内の企業を後押しする。

 起業家支援融資の対象としては、個人の場合は新規に中小企業を立ち上げ予定、もしくは事業開始から5年未満であること。一方、中小企業については、分社化の予定があるか、設立開始から5年未満であることが条件となる。

 運転資金や設備資金にあてる資金は、無担保・無保証人で融資する。ただし、山梨県信用保証協会の保証が必要で、法人の場合は代表1名の保証人が必要になる。利率は2.1%で、償還期間は運転資金の場合が5年以内、設備資金の場合が7年以内。

 なお、山梨県では商業振興金融課内に「中小企業金融相談窓口」を設置し、起業時の資金繰りなどの相談に応じている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ■ニュース深掘り!■事業継承に補助金、独立開業の新常識

    ■ニュース深掘り!■事業継承に補助金、独立開業の新常識

  2. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  3. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  4. 関電工、前橋市にバイオマス発電所完成/群馬県内の未利用間伐材など利用

  5. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  6. 国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能

  7. 17年度の建設業倒産、2.1%減/過去30年間で最少件数

  8. 全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

  9. 「利益剰余金」を見よ! あなたの会社の実態がここにある・・・

  10. 農産物のブランド保護/JAグループで地域団体商標登録の動き広がる

アクセスランキングをもっと見る

page top