山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し 画像 山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し

制度・ビジネスチャンス

 山梨県が起業家支援融資の制度改正を行った。融資限度額を昨年度の1500万円から2500万円に拡大し、県内の企業を後押しする。

 起業家支援融資の対象としては、個人の場合は新規に中小企業を立ち上げ予定、もしくは事業開始から5年未満であること。一方、中小企業については、分社化の予定があるか、設立開始から5年未満であることが条件となる。

 運転資金や設備資金にあてる資金は、無担保・無保証人で融資する。ただし、山梨県信用保証協会の保証が必要で、法人の場合は代表1名の保証人が必要になる。利率は2.1%で、償還期間は運転資金の場合が5年以内、設備資金の場合が7年以内。

 なお、山梨県では商業振興金融課内に「中小企業金融相談窓口」を設置し、起業時の資金繰りなどの相談に応じている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

    NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  2. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

    ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  3. 気仙沼市の大島架橋で中央径間の海上作業完了、住民の悲願前進へ

    気仙沼市の大島架橋で中央径間の海上作業完了、住民の悲願前進へ

  4. 朝ドラ「べっぴんさん」に見る、うまくいく “両輪経営”

  5. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  6. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  7. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  8. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  9. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  10. よつ葉乳業が減塩バター発売、ターゲットは「中高年」!

アクセスランキングをもっと見る

page top