山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し 画像 山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し

制度・ビジネスチャンス

 山梨県が起業家支援融資の制度改正を行った。融資限度額を昨年度の1500万円から2500万円に拡大し、県内の企業を後押しする。

 起業家支援融資の対象としては、個人の場合は新規に中小企業を立ち上げ予定、もしくは事業開始から5年未満であること。一方、中小企業については、分社化の予定があるか、設立開始から5年未満であることが条件となる。

 運転資金や設備資金にあてる資金は、無担保・無保証人で融資する。ただし、山梨県信用保証協会の保証が必要で、法人の場合は代表1名の保証人が必要になる。利率は2.1%で、償還期間は運転資金の場合が5年以内、設備資金の場合が7年以内。

 なお、山梨県では商業振興金融課内に「中小企業金融相談窓口」を設置し、起業時の資金繰りなどの相談に応じている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

    建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  3. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  4. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  5. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  6. 経営者は“いい欲”を持とう!

  7. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

  8. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  9. 老舗の小さな商店はなぜ生き残れるのか?

  10. 設備工事上場大手10社の16年4~9月期決算。受注高、各分野で増加傾向

アクセスランキングをもっと見る

page top