山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し 画像 山梨県が起業家支援融資の限度額を2500万円に拡大、起業・分社5年未満の中小を後押し

制度・ビジネスチャンス

 山梨県が起業家支援融資の制度改正を行った。融資限度額を昨年度の1500万円から2500万円に拡大し、県内の企業を後押しする。

 起業家支援融資の対象としては、個人の場合は新規に中小企業を立ち上げ予定、もしくは事業開始から5年未満であること。一方、中小企業については、分社化の予定があるか、設立開始から5年未満であることが条件となる。

 運転資金や設備資金にあてる資金は、無担保・無保証人で融資する。ただし、山梨県信用保証協会の保証が必要で、法人の場合は代表1名の保証人が必要になる。利率は2.1%で、償還期間は運転資金の場合が5年以内、設備資金の場合が7年以内。

 なお、山梨県では商業振興金融課内に「中小企業金融相談窓口」を設置し、起業時の資金繰りなどの相談に応じている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

    農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

  2. 流動食市場は頭打ち、在宅・施設用「やわらか」食が伸びる――高齢者向け食品市場

    流動食市場は頭打ち、在宅・施設用「やわらか」食が伸びる――高齢者向け食品市場

  3. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

    農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

  4. 「機能性表示食品」に関する意識調査/消費者は健康を意識しつつ価格も重視

  5. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  6. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  7. 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

  8. 国交省がコンクリ工の規格標準化で初弾指針を策定

  9. 国交省が専門工事会社評価にキャリアアップシステムを応用、抱える技能者で判断可能に

  10. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

アクセスランキングをもっと見る

page top