チーズケーキ味に? ヨーグルトにかける味噌、岩手県・湯田牛乳公社が発売 画像 チーズケーキ味に? ヨーグルトにかける味噌、岩手県・湯田牛乳公社が発売

インバウンド・地域活性

ヨーグルトがみそで変身――。

岩手県西和賀町の乳業メーカー、湯田牛乳公社が、無糖ヨーグルトの新たな食べ方を提案しようと「ヨーグルトにかけるお味噌(みそ)」を開発した。和洋の意外な組み合わせだが、公社は「どちらも発酵食品なので相性は良い」(営業課)と自信をみせる。現在は県内だけの販売だが、今後、ギフト用など通信販売にも乗り出す考えだ。

公社が6月、みそ、しょうゆなどを造る佐々長醸造(同県花巻市)と共同開発した。ヨーグルトに合う甘味を出すため、県産リンゴを多く使ったのが特徴。ジュースやピューレにしたものを利用した。みそも県産大豆を使ったものにこだわった。

果実ソースのように滑らかな液体で瓶入り。県内のスーパーなどで1本(90グラム)600円で販売する。当初の予想を上回る売れ行きで出足は好調だ。購入客からは「レアチーズケーキのような味わいになった」と驚きの声が上がっている、という公社の直売所では、同商品を使ったソフトクリームの販売もしている。

公社がヨーグルトに合わせる"ちょい足し"商品を開発・発売するのは、2014年4月の「ヨーグルトにかけるお醤油(しょうゆ)」に次ぎ2品目。営業課の村上修一係長は「生乳を生産する酪農家のためにも、乳製品のおいしさを引き出す商品の利用を広げていきたい」と意気込む。

ヨーグルトにかける みそ 驚き「チーズケーキ味」 岩手県の牛乳公社

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  3. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

    東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

  7. 羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 今夏限定「南アルプスの天然水かき氷」、山梨県北杜市で世界の名水の地を目指す

  10. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

アクセスランキングをもっと見る

page top