NEXCO西日本と三井住友建設、非鉄材の超高耐久橋梁を試験施工……メンテコストなど削減 画像 NEXCO西日本と三井住友建設、非鉄材の超高耐久橋梁を試験施工……メンテコストなど削減

インバウンド・地域活性

 西日本高速道路会社と三井住友建設が、非鉄製の超高耐久橋梁の開発に向け、長崎市内で実証橋の施工を進めている。長崎自動車道の4車線化事業に伴う工事用道路の一部として建設。29日から外ケーブルとなるアラミドFRPロッドの配置・緊張が始まった。施工性や安全性などを確認するとともに、本設構造への適用性を検証する。一般的なPC鋼材を使用せず、アラミドFRPだけで補強されたコンクリート橋は国内初となる。両社が開発した非鉄製の超高耐久橋梁「Durable Bridge(Dura―Bridge)」は、コンクリートに1平方ミリ当たり80ニュートン(N)の高強度繊維補強コンクリート、緊張材にアラミドFRPロッドを採用する。腐食の懸念がある鉄筋やPC鋼材を使っていないため、鋼材腐食によるコンクリート剥落などを防止し、長期間のメンテナンスを含めたトータルコストを削減できる。
 10年3月に共同研究に着手し、13年9月に材料や構造などの開発にめどを付けた。さまざまな材料試験や試験体による載荷試験で得られた知見を基に実証橋を設計した。実証橋(延長15・9メートル)は、東九州自動車道や新名神高速道路で採用されている蝶形コンクリートウェブ(バタフライウェブ)構造を用いた。プレキャスト化を念頭にセグメントは工場で製作し、現地に搬入して架設した。外ケーブルの配置・緊張を8月中に終え、9月から工事用道路として運用。全体挙動をモニタリングするとともに、載荷試験で構造全体の安全性を確認する予定だ。両社は今回の実証試験を経て、研究成果を橋梁の新設や大規模更新に適用していく考えだ。

西日本高速会社、三井住友建設/鋼材使わない超高耐久橋梁を試験施工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top