子ども霞が関見学デー開催、国交省では高所作業車やミニショベル、左官業体験 画像 子ども霞が関見学デー開催、国交省では高所作業車やミニショベル、左官業体験

インバウンド・地域活性

 東京・霞が関の官庁街を舞台に行われている夏休み企画「子ども霞が関見学デー」が29日に始まり、国土交通省など各省は親子連れでにぎわっている。国交省ブースの一部では、子どもたちが地上約15メートルまで上昇する高所作業車に乗ったり、壁塗り作業の体験で左官業の職人気分を味わったりしていた。30日まで行われている。建設業の体験コーナーは、国交省が建設業界団体などとつくる建設産業戦略的広報推進協議会が企画した。
 同省正面玄関にはミニパワーショベルが3台運び込まれ、子どもたちが自ら操作してカラーボールをすくう試乗体験を実施。予約して体験したという男の子は「緊張したけど、操作は楽しかった」と笑顔で話していた。高所作業車に乗り込んだ子どもたちは霞が関の景色を楽しんだり、手を振ったりしていた。ミニパワーショベルや高所作業車の体験には全国建設業協会(全建)と東京建設業協会(東建)が協力している。同省10階の会議室に設けられたブースでは、こて塗り・壁塗り体験が行われ、左官業の職人から手ほどきを受けながらこてで壁を塗っていた。茶庭の境に印として置く「関守石文鎮」づくりでは、造園業の職人が見守る中、色鮮やかなひもを丁寧に石に結び着けていた。

子ども霞が関見学デー始まる/国交省には高所作業車登場/7月30日まで

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. 品川駅北周辺地区の土地区画整備、発注本格化へ

  5. 札幌駅新幹線ホーム建設、地下案検討へ/北海道新幹線の延伸に向け

  6. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  7. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  8. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

アクセスランキングをもっと見る

page top