任天堂、第1四半期決算は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果か 画像 任天堂、第1四半期決算は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果か

マネジメント

任天堂が29日、発表した平成28年3月期 第1四半期(4~6月)の連結業績は、売上高902億2300万円(+20.8%)、営業利益11億4900万円(-)、経常利益142億8600万円(-)、純利益82億8400万円(-)となりました。営業利益は第1四半期としては5期ぶりの黒字です。期末に比べて円安に振れたことで為替差益も計上しています。

商品別ではニンテンドー3DSの本体とソフトが引き続き堅調だったほか、Wii Uでは『スプラトゥーン』が世界で162万本のヒットとなり、本体を牽引しました。さらに、amiiboも引き続き好調だったとのこと。

通期の業績予想は売上高5700億円、営業利益500億円、経常利益550億円、純利益350億円で変更ありません。今期、超大作はありませんが、3DSでは『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』、Wii Uでは『スーパーマリオメーカー』『スターフォックス ゼロ』『マリオテニス ウルトラスマッシュ』などの作品が控えてます。さらに年内にはスマートデバイス向けのアプリも配信開始する予定。

任天堂、第1四半期は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果でWii U好調、amiiboも伸びる

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

    乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  2. 建コン協九州が初の女性技術者交流会…働きやすい職場テーマに

    建コン協九州が初の女性技術者交流会…働きやすい職場テーマに

  3. 大阪府住宅まちづくり部、下請170社の社保未加入を確認・通報

    大阪府住宅まちづくり部、下請170社の社保未加入を確認・通報

  4. 大和ハウス工業、フジタと大和小田急建設の経営統合を発表

  5. 同族経営の世代交代をスムーズに!中小企業の多くを占める同族経営向けトラブル解消サービス

  6. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

  7. 建設女子応援、国交省が活躍23事例をHPで紹介

  8. 始業前にストレッチ…ヤマハ発動機が制作

  9. 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

  10. 香川県高松市、仏生山町の新病院施設計画を見直し

アクセスランキングをもっと見る

page top