任天堂、第1四半期決算は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果か 画像 任天堂、第1四半期決算は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果か

マネジメント

任天堂が29日、発表した平成28年3月期 第1四半期(4~6月)の連結業績は、売上高902億2300万円(+20.8%)、営業利益11億4900万円(-)、経常利益142億8600万円(-)、純利益82億8400万円(-)となりました。営業利益は第1四半期としては5期ぶりの黒字です。期末に比べて円安に振れたことで為替差益も計上しています。

商品別ではニンテンドー3DSの本体とソフトが引き続き堅調だったほか、Wii Uでは『スプラトゥーン』が世界で162万本のヒットとなり、本体を牽引しました。さらに、amiiboも引き続き好調だったとのこと。

通期の業績予想は売上高5700億円、営業利益500億円、経常利益550億円、純利益350億円で変更ありません。今期、超大作はありませんが、3DSでは『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』、Wii Uでは『スーパーマリオメーカー』『スターフォックス ゼロ』『マリオテニス ウルトラスマッシュ』などの作品が控えてます。さらに年内にはスマートデバイス向けのアプリも配信開始する予定。

任天堂、第1四半期は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果でWii U好調、amiiboも伸びる

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

    【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

  2. 「中小企業の『経営論』」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

    「中小企業の『経営論』」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

  3. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

    無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  4. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  5. 東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

  6. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  7. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  9. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

アクセスランキングをもっと見る

page top