任天堂、第1四半期決算は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果か 画像 任天堂、第1四半期決算は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果か

マネジメント

任天堂が29日、発表した平成28年3月期 第1四半期(4~6月)の連結業績は、売上高902億2300万円(+20.8%)、営業利益11億4900万円(-)、経常利益142億8600万円(-)、純利益82億8400万円(-)となりました。営業利益は第1四半期としては5期ぶりの黒字です。期末に比べて円安に振れたことで為替差益も計上しています。

商品別ではニンテンドー3DSの本体とソフトが引き続き堅調だったほか、Wii Uでは『スプラトゥーン』が世界で162万本のヒットとなり、本体を牽引しました。さらに、amiiboも引き続き好調だったとのこと。

通期の業績予想は売上高5700億円、営業利益500億円、経常利益550億円、純利益350億円で変更ありません。今期、超大作はありませんが、3DSでは『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』、Wii Uでは『スーパーマリオメーカー』『スターフォックス ゼロ』『マリオテニス ウルトラスマッシュ』などの作品が控えてます。さらに年内にはスマートデバイス向けのアプリも配信開始する予定。

任天堂、第1四半期は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果でWii U好調、amiiboも伸びる

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

    超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  3. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

    上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  4. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  5. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  6. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  7. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  8. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  9. 公共建築積算で被災地のクレーン費高く、国交省調査で判明

  10. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

アクセスランキングをもっと見る

page top