新国立競技場問題「デザインが原因ではない」、ザハ事務所が反論 画像 新国立競技場問題「デザインが原因ではない」、ザハ事務所が反論

インバウンド・地域活性

 新国立競技場の整備計画見直しでデザイン監修の契約解除を通告された英建築家ザハ・ハディド氏の事務所(ザハ・ハディド・アーキテクツ、ZHA)が28日、「建設費の超過は東京の建築コスト高騰が原因で、デザインによるものではない」と反論する声明を発表した。「原案デザインを元にコストを抑えた設計を提供できる」とし、日本の設計チームや施工者らと協力すれば、19年のラグビーワールドカップ(W杯)までに競技場を完成させることも可能だと強調している。ZHAは、日本スポーツ振興センター(JSC)が7日に有識者会議に提出した報告書で、施工予定者の見積もりを根拠に建設費膨張の原因はデザインにあるとした点に反論。問題とされたキールアーチ2本の建設費は総事業費の10%以下(230億円)に過ぎず、スタンド部との同時施工が可能なため、工期短縮などメリットも多いとした。
 2520億円にまで膨らんだ建設費は、建設需要拡大や円安、人手不足といった要因が絡んだ結果だと断じた上で、ZHAの警告にもかかわらず、JSCが競争性の低い方法で早い段階に施工者を選定したことも予算超過を招いたと強調。ZHAと日本の設計チームは、使われる資材の標準仕様や施工方法の指針を作成するなどしてコスト削減策を提案したが、施工者と直接協議することをJSCが認めなかったとも指摘した。さらに、「計画を白紙に戻しても問題の根本的な解決にならない」と主張。建築コストが高止まりし、さらに上昇する可能性もある現状で2020年五輪というデッドラインを守ろうとすれば、低品質の施設しか建設できず、100年にわたって利用できる世界的なスポーツ拠点を作るという当初の目的は達成できないと訴えている。安倍晋三首相に計画見直しに協力する意向を伝えたことも明らかにした。原案デザインのままで低コスト化を実現する方法を提供できるとし、「今後数週間のうちに、革新的な解決方法をさらに発表する予定だ」とした。

新国立競技場/ザハ事務所が反論声明/「原案デザイン踏襲し新計画を」

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

    水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  2. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

    東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 芝浦一丁目建替計画。235メートルの超高層ビル2棟、ホテルも入る複合施設

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  10. 日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/水辺を生かした施設配置も想定

アクセスランキングをもっと見る

page top