「せとうち観光推進機構」が誕生、地域間競争の勝ち抜きを目指す 画像 「せとうち観光推進機構」が誕生、地域間競争の勝ち抜きを目指す

インバウンド・地域活性

 瀬戸内7県(兵庫県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県)で構成された「瀬戸内ブランド推進連合」は29日、瀬戸内が国内外の人から選ばれる地域(ブランド)となることを目的として、新法人「一般社団法人 せとうち観光推進機構」を設立すると発表した。

 同団体では今回、瀬戸内ブランドの旗艦として強いリーダーシップを発揮するため、エリア全体を俯瞰してマネジメントできる組織へと改組。5年後に予定されている東京五輪に向けて、観光客誘致の地域間競争を勝ち抜くために新法人へと移行することになった。これによりマーケティング戦略の策定や、独立した意思決定を実行できる体制の構築を図る。

 29日に行われた会見では、新法人は民間のノウハウを活用すべく、民間出身者の代表就任を予定していると表明。「瀬戸内7県を訪れて宿泊する海外からの観光客を3倍に増やす」「観光地としての瀬戸内を、国内最大の観光地である北海道や沖縄と同じ位置まで引き上げる」といった目標を明らかにした。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

    地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 【劇場型で魅せる飲食店:3】ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは?

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  10. 「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

アクセスランキングをもっと見る

page top