「せとうち観光推進機構」が誕生、地域間競争の勝ち抜きを目指す 画像 「せとうち観光推進機構」が誕生、地域間競争の勝ち抜きを目指す

インバウンド・地域活性

 瀬戸内7県(兵庫県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県)で構成された「瀬戸内ブランド推進連合」は29日、瀬戸内が国内外の人から選ばれる地域(ブランド)となることを目的として、新法人「一般社団法人 せとうち観光推進機構」を設立すると発表した。

 同団体では今回、瀬戸内ブランドの旗艦として強いリーダーシップを発揮するため、エリア全体を俯瞰してマネジメントできる組織へと改組。5年後に予定されている東京五輪に向けて、観光客誘致の地域間競争を勝ち抜くために新法人へと移行することになった。これによりマーケティング戦略の策定や、独立した意思決定を実行できる体制の構築を図る。

 29日に行われた会見では、新法人は民間のノウハウを活用すべく、民間出身者の代表就任を予定していると表明。「瀬戸内7県を訪れて宿泊する海外からの観光客を3倍に増やす」「観光地としての瀬戸内を、国内最大の観光地である北海道や沖縄と同じ位置まで引き上げる」といった目標を明らかにした。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 学校施設の複合化……5つのポイント重視し効果的・効率的な施設・設備を

    学校施設の複合化……5つのポイント重視し効果的・効率的な施設・設備を

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 大分県がユニークなPR動画をまたも公開!今回はミュージカル仕立てのエンターティメント

    大分県がユニークなPR動画をまたも公開!今回はミュージカル仕立てのエンターティメント

  4. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  9. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  10. 東急東横線の渋谷旧線跡開発、『日本一訪れたい街』を目指す!

アクセスランキングをもっと見る

page top