「せとうち観光推進機構」が誕生、地域間競争の勝ち抜きを目指す 画像 「せとうち観光推進機構」が誕生、地域間競争の勝ち抜きを目指す

インバウンド・地域活性

 瀬戸内7県(兵庫県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県)で構成された「瀬戸内ブランド推進連合」は29日、瀬戸内が国内外の人から選ばれる地域(ブランド)となることを目的として、新法人「一般社団法人 せとうち観光推進機構」を設立すると発表した。

 同団体では今回、瀬戸内ブランドの旗艦として強いリーダーシップを発揮するため、エリア全体を俯瞰してマネジメントできる組織へと改組。5年後に予定されている東京五輪に向けて、観光客誘致の地域間競争を勝ち抜くために新法人へと移行することになった。これによりマーケティング戦略の策定や、独立した意思決定を実行できる体制の構築を図る。

 29日に行われた会見では、新法人は民間のノウハウを活用すべく、民間出身者の代表就任を予定していると表明。「瀬戸内7県を訪れて宿泊する海外からの観光客を3倍に増やす」「観光地としての瀬戸内を、国内最大の観光地である北海道や沖縄と同じ位置まで引き上げる」といった目標を明らかにした。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

  5. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 【オリンピックと業界認証:6】ハラル編

  8. HJHJアーカイブス:01「世界のエル・ブリを唸らせた日本酒」

  9. 日本茶のブランド統一、動き加速。覚えて⇒帰って⇒買って

  10. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

アクセスランキングをもっと見る

page top