国内トラック市場好調「カーゴ系が牽引」…日野自動車 梶川専務 画像 国内トラック市場好調「カーゴ系が牽引」…日野自動車 梶川専務

マネジメント

日野自動車の梶川宏専務役員は7月29日の決算発表会見で、好調が続く国内のトラック市場について「(ダンプカーなど)建設系がやや一服しているが、カーゴ系が市場を引っ張っている」と指摘した。

日野のまとめによると、4-6月期の国内トラック・バス市場は前年同期比16%増の3万9500台と、不調の乗用車を尻目に大幅に増加した。梶川専務は、カーゴ系の好調について「軽油価格の下落による燃料コストの低下などで輸送事業者の投資意欲が高まっている。アベノミクスにより、荷動きも良好」と分析している。

一方で、外国人観光客の増加などを背景に「大型観光バスの需要も強い」という。海外では同社の主力であるインドネシア市場が不振となっており、当面は国内市場依存となりそうだ。

日野梶川専務、「カーゴ系が牽引」…国内トラック好調

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

    暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

  2. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

    日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  3. 三信建設工業、協力会社に得意工種の拡大指導、人手不足解消へ

    三信建設工業、協力会社に得意工種の拡大指導、人手不足解消へ

  4. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  5. マレーシアの工業団地開発プロジェクトに三井物産が参画

  6. 日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

  7. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  8. 熊谷組、新協力会組織「熊栄会」設立、3会を統合の相乗効果で体制強

  9. 新国立競技場問題、建築設計3団体も整備計画見直しで提言

アクセスランキングをもっと見る

page top