西南暖地の2015年産早期栽培米、6月の天候不順が響き3県が「不良」

インバウンド・地域活性

農水省は28日、西南暖地の2015年産早期栽培米の作柄概況(7月15日現在)を発表した。全4県のうち3県が、作況指数94以下に相当する「不良」。西日本を中心とした6月の天候不順の影響を受け、生育が振るわなかった。「不良」となった3県は宮崎、鹿児島、沖縄で、高知が唯一、作況指数101~99に相当する「平年並み」となった。この時期の早期栽培米の作柄概況で、複数県が「不良」となるのは、全4県が「不良」となった1998年以来17年ぶり。同省によると「不良」となった3県のうち、宮崎、鹿児島は4月から5月中旬にかけての日照不足、6月の低温・日照不足の影響を受け、穂数や全もみ数が少ないと見込まれる。沖縄は台風6号の影響で開花・受精が阻害されたという。登熟は4県とも「やや不良」。15年産米の先駆けとなる早期栽培米の作柄は今回、異例ともいえる著しい落ち込みが浮き彫りになった格好になるが、水稲の全作付面積に占める割合は約1%。全体の米の作柄を占うには、今後出荷が始まる東北など主産地の状況が鍵を握る。

早期米3県「不良」 6月の天候不順響く 7月15日現在の作況

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top