熊本県から「体験型ギフトカタログ」、地域活性化プロジェクトとして 画像 熊本県から「体験型ギフトカタログ」、地域活性化プロジェクトとして

インバウンド・地域活性

 Smart & Co Japon株式会社(東京都港区)は29日、熊本発の体験型ギフトカタログを8月下旬より発売すると発表した。開発は県庁と共同で行い、県の地域活性化プロジェクトの一環として、同県の魅力を再発見することを目的としている。

 今回提供されるのは、1泊2食付きで県内の温泉を楽しむ「Discover くまもと~温泉めぐり体験~」と、阿蘇での乗馬や天草でのイルカウォッチングなど様々なアクティビティ体験が盛り込まれた「Discover くまもと~感動体験~」の2種類。いずれも熊本県の“営業部長兼しあわせ部長”として活躍するキャラクター「くまモン」が随所に登場する。

 今夏にはJR西日本と共同で、夏休みの子供連れ家族旅行客をターゲットに「くまと夏の女王」と題する一大キャンペーンを実施し、観光客誘致を積極的に推進している熊本県。多様な企業との連携によって、地元の魅力を全国に発信している同県の取り組みに、今後も注目したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

    トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

  4. 国交省が登録資格者を積極活用!インフラ点検・診断、対象業務7割で配置

  5. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  6. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 最先端のテキスタイルを世界へ!小松精練が今年もパリで単独個展

  9. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (後編)

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top