熊本県から「体験型ギフトカタログ」、地域活性化プロジェクトとして 画像 熊本県から「体験型ギフトカタログ」、地域活性化プロジェクトとして

インバウンド・地域活性

 Smart & Co Japon株式会社(東京都港区)は29日、熊本発の体験型ギフトカタログを8月下旬より発売すると発表した。開発は県庁と共同で行い、県の地域活性化プロジェクトの一環として、同県の魅力を再発見することを目的としている。

 今回提供されるのは、1泊2食付きで県内の温泉を楽しむ「Discover くまもと~温泉めぐり体験~」と、阿蘇での乗馬や天草でのイルカウォッチングなど様々なアクティビティ体験が盛り込まれた「Discover くまもと~感動体験~」の2種類。いずれも熊本県の“営業部長兼しあわせ部長”として活躍するキャラクター「くまモン」が随所に登場する。

 今夏にはJR西日本と共同で、夏休みの子供連れ家族旅行客をターゲットに「くまと夏の女王」と題する一大キャンペーンを実施し、観光客誘致を積極的に推進している熊本県。多様な企業との連携によって、地元の魅力を全国に発信している同県の取り組みに、今後も注目したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

    開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

  4. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  7. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  8. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  9. 高槻市の新文化施設整備、「芸術にふれる喜びを確信する」建築計画

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top