マイナス35度でも走行可能!低温環境対応の無人搬送車を開発 画像 マイナス35度でも走行可能!低温環境対応の無人搬送車を開発

マネジメント

 三機工業は、低温環境に対応する無人搬送車(AGV)=写真=を開発した。一般作業環境から5度程度の冷蔵環境に加え、マイナス35度の冷凍環境でも性能劣化を起こさずに、安定して荷物搬送ができるのが特徴。年内にも発売する予定で、同社は販売と搬送路の施工を担う。
 AGVは、床面に磁気テープや磁気棒を敷設して無人走行する搬送用台車で、自動で荷積みや荷下ろしを行うことができる。給電方式に非接触給電を採用し、接触端子を解消。これにより低温環境下で端子に結露が発生する心配がなくなったため、動作不良を起こす可能性が低減した。制御機器の温度低下を防止する密閉構造設計を採用し、冷凍庫内での長時間搬送も可能にした。仕様は、外形寸法が長さ1500ミリ×幅400ミリ×高さ265ミリ。使用環境温度は冷凍(マイナス35度~マイナス25度)、冷蔵(4度)、常温(20~30度)。搬送物の最大荷重は150キロ。同社は、冷凍倉庫を持つ冷凍食品会社や医療用製材会社向けに積極的に営業展開していく方針。

三機工業/低温環境対応の無人搬送車を開発/マイナス35度でも走行可能

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 千代田区の鉄鋼ビルディングが完成、16年2月開業へ

    千代田区の鉄鋼ビルディングが完成、16年2月開業へ

  2. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  3. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

    繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  4. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  5. 風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減

  6. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  7. 郵政vsヤマト・佐川、熾烈なメール便戦争に勝者はいるのか?

  8. 本日の新聞から:新日鉄住金が日新製鋼を完全子会社化へ

  9. 建設業界始動、成長に向けて変革、収益力・生産性向上へ

  10. 東プレ、八千代工業の国内板金プレス事業を買収…ホンダ向け事業を強化

アクセスランキングをもっと見る

page top