屋内外問わず快適に誘導――清水建設が「視覚障害者向け音声ナビ」開発 画像 屋内外問わず快適に誘導――清水建設が「視覚障害者向け音声ナビ」開発

IT業務効率

 清水建設は28日、IBM東京基礎研究所の技術協力を受け、視覚障害者の歩行を、音声を使って屋内外でシームレスにナビゲーションするシステムを開発したと発表した。位置測定や音声ナビゲーションなどの機能を備えたスマートフォン(スマホ)が、空間情報データベースや位置情報インフラなどを通じて目的地への移動情報をリアルタイムに提供する。清水建設は東京都江東区の技術研究所内に常設の体験施設を開設。実証を重ね、18年にも実適用したい考えだ。清水建設は、施設利用者の位置情報や平面上に示す移動経路、施設・整備に関する情報をスマホを介して提供できる空間情報データベースや位置情報インフラの研究開発に取り組んできた。一方、IBM東京基礎研究所では、高精度な屋内外位置測定技術などを基に、屋内外の区別なく快適にナビゲーションする技術の開発を進めてきた。
 今回、両者の技術を融合してシステムを構築した。汎用性を重視し、位置測定・音声ナビゲーション・対話の機能を備えたスマホ・アプリケーションを採用。音声対話が中心で利用者の属性(健常者、車いす利用、視覚障害など)に合わせた屋内外の切れ目のないナビゲーションを実現する。操作方法は、利用者がアプリとの音声対話で訪れたい場所を伝えると、空間情報データベースが現在位置から目的地までの最適な移動経路だけでなく、経路の幅や階段の位置・段数、手すりの長さなど音声案内に必要な情報をアプリに提供する。アプリは「右2時の方向を向く」「手すりに沿って建物入り口まで20メートル進む」「残り5メートル」「残り2・5メートル」といった具合にリアルタイムで情報を伝え、目的地へと導く。スマホの画面には移動経路が示され、視覚障害者に限らず利用できる。高齢者など歩行困難者の場合は、できる限り階段や段差のない移動経路を示す仕組みになっている。
 清水建設の技研内に設けた体験施設「親切にささやく場」は、本館と一部の実験棟、ビオトープ、それらを結ぶ構内道路の約5000平方メートルの規模。視覚障害者や健常者などさまざまな人たちの協力を得ながら実証実験を進める。両社は今後も位置情報の高精度化、日々の情報更新の仕組み、多言語化などの研究開発に取り組み、早期の実用化を目指す。清水建設ではモデル街区での実用化実証のほか、医療施設や物販施設、公共施設に提案。バリアフリー社会の実現に寄与する技術として「どれぐらいの人たちに興味を持ってもらえるかで普及の早さは変わる。自社物件に限らず広げていきたい」(石川裕常務執行役員技術研究所長)としている。

清水建設/視覚障害者向け音声ナビ開発/屋内外区別なく目的地へ誘導

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

    「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

  3. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  4. トンネル工事用の切羽前方探査システム、3次元モニタリングで安全確保

  5. 画像認識技術で害虫を瞬時に識別する技術研究……北大長谷山研究室ら

  6. 鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

  7. 「東工大の黒い壁」が進化、契約電力が減ったのは太陽光を主力電源にした成果

  8. ステレオカメラとGPUの開発パッケージ発売――ZMPが自動運転車向けのPCキット

  9. ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

  10. 【今週のエンジニア女子】学生時代はRuby on Railsで開発……鈴木泰子さん

アクセスランキングをもっと見る

page top