「部屋全体をデジタル化する技術」を富士通が発表、壁や机がモニターに 画像 「部屋全体をデジタル化する技術」を富士通が発表、壁や机がモニターに

IT業務効率

 富士通グループは27日、複数のプロジェクターやカメラを組み合わせ、部屋全体をまるごとデジタル化する技術を開発したと発表した。この結果をパソコンやスマート端末などの狭い画面ではなく、壁や机などの広い空間に映し出せる。8月から2016年3月まで実証実験を行い、グループワークに適用した効果などを検証する。 富士通研究所(川崎市中原区)、富士通デザイン(同)、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(同)は、「HAB―YU platform」と呼ぶ新たな価値づくりの場で技術を実証する。従来のアナログのやり方と同技術を導入した場合とで、人々のアイデアがどのように異なるかといった、発想を支援するツールとしての有効性を検証する。 部屋に入ると、人を自動で検知し、その人が持つスマート端末のIDを位置から特定。ここで個人と端末とを関連付ける。また、個々の端末と壁に映し出した大画面、および机に映し出した大画面は共有されている。 各端末の情報は、必要に応じてこれらの画面上に取り出すことができる。さらに、デジタルペンを使って机の上に手書きで文字を書くと、デジタル付箋が自在に作れ、これらの画面上に簡単に送ることができる。いわゆるブレーンストーミングなど、複数の人がアイデアを出し合う共創の場に導入すれば、アナログに比べて創造性が高まるとみている。

富士通グループ、部屋まるごとデジタル化!プロジェクターやカメラ融合

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

    ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  2. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  3. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  4. 水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

  5. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  6. いまどきの工事現場ーーi-Con対応のブルドーザー作業!

  7. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  8. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  9. 「黒子ロボット」技術を応用した「仏像ロボット」公開!

  10. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

アクセスランキングをもっと見る

page top