「部屋全体をデジタル化する技術」を富士通が発表、壁や机がモニターに 画像 「部屋全体をデジタル化する技術」を富士通が発表、壁や机がモニターに

IT業務効率

 富士通グループは27日、複数のプロジェクターやカメラを組み合わせ、部屋全体をまるごとデジタル化する技術を開発したと発表した。この結果をパソコンやスマート端末などの狭い画面ではなく、壁や机などの広い空間に映し出せる。8月から2016年3月まで実証実験を行い、グループワークに適用した効果などを検証する。 富士通研究所(川崎市中原区)、富士通デザイン(同)、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(同)は、「HAB―YU platform」と呼ぶ新たな価値づくりの場で技術を実証する。従来のアナログのやり方と同技術を導入した場合とで、人々のアイデアがどのように異なるかといった、発想を支援するツールとしての有効性を検証する。 部屋に入ると、人を自動で検知し、その人が持つスマート端末のIDを位置から特定。ここで個人と端末とを関連付ける。また、個々の端末と壁に映し出した大画面、および机に映し出した大画面は共有されている。 各端末の情報は、必要に応じてこれらの画面上に取り出すことができる。さらに、デジタルペンを使って机の上に手書きで文字を書くと、デジタル付箋が自在に作れ、これらの画面上に簡単に送ることができる。いわゆるブレーンストーミングなど、複数の人がアイデアを出し合う共創の場に導入すれば、アナログに比べて創造性が高まるとみている。

富士通グループ、部屋まるごとデジタル化!プロジェクターやカメラ融合

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  3. 「ものづくり中小企業」の真のつよみ

    「ものづくり中小企業」の真のつよみ

  4. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  5. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  6. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  7. ~動画PRの成功術:5~ 6万人のファンを集めた“町の時計店”

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  9. サービス業のIT利用最前線!12 24時間スマホで把握、進化する介護付きホーム/アズパートナーズ

  10. パスコがICT土工向けソフトの提供を開始、3Dデータ使用の出来形管理など支援

アクセスランキングをもっと見る

page top