小糸製作所第1四半期決算…メキシコ工場稼動で営業益33.2%増 画像 小糸製作所第1四半期決算…メキシコ工場稼動で営業益33.2%増

インバウンド・地域活性

小糸製作所は7月28日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1855億4600万円(前年同期比+20.0%)、営業利益は135億8400万円(+33.2%)、経常利益は146億円(+37.7%)、四半期純利益は35億5700万円(-38.8%)だった。

自動車ランプのLED化や受注拡大等に伴い主力の自動車照明関連事業が増収となった。利益については、メキシコ工場の本格稼働が寄与したこともあり、営業利益と経常利益は3割を超える増益となった。純利益は、連結子会社KIホールディングスにおける航空機シート関連の損害賠償引当金繰入額99億円を特別損失に計上したことなどにより、前年同期比38.8%減の35億円となった。

通期業績見通しについては、特別損失の計上や直近の業績動向を踏まえて修正。売上高は前回予測から1.7%増の7930億円、営業利益が同4.5%増の700億円、経常利益が同4.3%増の720億円、当期純利益は同2.6%減の370億円とした。

小糸製作所の第1四半期決算…メキシコ工場本格稼働などで営業益33.2%増

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 名古屋市の久屋大通公園Park-PFI/テレビ塔を中心にシンボリックな景観軸

    名古屋市の久屋大通公園Park-PFI/テレビ塔を中心にシンボリックな景観軸

  3. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  4. 国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

  5. 鳥獣被害、都会へ発信…鹿の頭蓋骨をアート作品に

  6. 八戸市立市民病院、緩和ケア病棟新築/在宅療養の後方支援に

  7. 広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  10. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

アクセスランキングをもっと見る

page top