小糸製作所第1四半期決算…メキシコ工場稼動で営業益33.2%増 画像 小糸製作所第1四半期決算…メキシコ工場稼動で営業益33.2%増

インバウンド・地域活性

小糸製作所は7月28日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1855億4600万円(前年同期比+20.0%)、営業利益は135億8400万円(+33.2%)、経常利益は146億円(+37.7%)、四半期純利益は35億5700万円(-38.8%)だった。

自動車ランプのLED化や受注拡大等に伴い主力の自動車照明関連事業が増収となった。利益については、メキシコ工場の本格稼働が寄与したこともあり、営業利益と経常利益は3割を超える増益となった。純利益は、連結子会社KIホールディングスにおける航空機シート関連の損害賠償引当金繰入額99億円を特別損失に計上したことなどにより、前年同期比38.8%減の35億円となった。

通期業績見通しについては、特別損失の計上や直近の業績動向を踏まえて修正。売上高は前回予測から1.7%増の7930億円、営業利益が同4.5%増の700億円、経常利益が同4.3%増の720億円、当期純利益は同2.6%減の370億円とした。

小糸製作所の第1四半期決算…メキシコ工場本格稼働などで営業益33.2%増

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  7. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  10. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

アクセスランキングをもっと見る

page top