訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応 画像 訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応

インバウンド・地域活性

 ヤマト運輸は28日、同社の店舗が国土交通省観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けたと発表。「手ぶら観光」共通ロゴマークの店頭表示を開始した。

 同社の全国約50か所にある店舗では現在、観光客が手ぶらで観光やショッピングを楽しめるようなおもてなしサービスを提供。手荷物の預かりや宿泊先などへの配送をはじめ、英語や中国語などによる近隣観光スポットなどの案内を行っている。

 今回、このうちの15店舗が受付窓口での英語対応、手荷物の預かりなどの認定条件を満たしたため、国土交通省観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けた。そこで同社では、認定を受けた15店舗や観光を支援する店舗をホームページ上で紹介するとももに、8月下旬にはスマホサイトを公開する予定。今後も、全国の空港や駅、観光協会と連携し、観光庁認定の「手ぶら観光」のサービス拠点をさらに増やしていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  2. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

    京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  5. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  8. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

アクセスランキングをもっと見る

page top