訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応 画像 訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応

インバウンド・地域活性

 ヤマト運輸は28日、同社の店舗が国土交通省観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けたと発表。「手ぶら観光」共通ロゴマークの店頭表示を開始した。

 同社の全国約50か所にある店舗では現在、観光客が手ぶらで観光やショッピングを楽しめるようなおもてなしサービスを提供。手荷物の預かりや宿泊先などへの配送をはじめ、英語や中国語などによる近隣観光スポットなどの案内を行っている。

 今回、このうちの15店舗が受付窓口での英語対応、手荷物の預かりなどの認定条件を満たしたため、国土交通省観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けた。そこで同社では、認定を受けた15店舗や観光を支援する店舗をホームページ上で紹介するとももに、8月下旬にはスマホサイトを公開する予定。今後も、全国の空港や駅、観光協会と連携し、観光庁認定の「手ぶら観光」のサービス拠点をさらに増やしていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  3. 盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

    盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

  4. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  10. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

アクセスランキングをもっと見る

page top