訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応 画像 訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応

インバウンド・地域活性

 ヤマト運輸は28日、同社の店舗が国土交通省観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けたと発表。「手ぶら観光」共通ロゴマークの店頭表示を開始した。

 同社の全国約50か所にある店舗では現在、観光客が手ぶらで観光やショッピングを楽しめるようなおもてなしサービスを提供。手荷物の預かりや宿泊先などへの配送をはじめ、英語や中国語などによる近隣観光スポットなどの案内を行っている。

 今回、このうちの15店舗が受付窓口での英語対応、手荷物の預かりなどの認定条件を満たしたため、国土交通省観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けた。そこで同社では、認定を受けた15店舗や観光を支援する店舗をホームページ上で紹介するとももに、8月下旬にはスマホサイトを公開する予定。今後も、全国の空港や駅、観光協会と連携し、観光庁認定の「手ぶら観光」のサービス拠点をさらに増やしていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. JR京葉線の海浜幕張~新習志野間に新駅。上下2階層の線路間ホーム

  9. ついにゴールへ…50キロのトレイルラン、記者が体験(7)

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top