阪神高速道路とモロッコ高速道路が覚書交換!ITSや維持管理で技術交流 画像 阪神高速道路とモロッコ高速道路が覚書交換!ITSや維持管理で技術交流

インバウンド・地域活性

 阪神高速道路会社は27日、モロッコ高速道路会社(ADM)と「技術交流に関する覚書」を交わしたと発表した。ITS(高度道路交通システム)や維持管理などの技術や技術者の交流が主な内容。これを機に同社は積極的な技術協力を進め、海外事業展開の基礎作りに取り組むとしている。
 ADMは、モロッコ国内約1800キロの高速道路ネットワークを建設・管理する国営企業。両者が交流を進めるのは、▽交通制御とITS▽道路・橋梁の維持管理▽トンネル-に関する技術。専門技術者・研修生の相互交流なども進める。
 モロッコ・ラバト市内で現地時間24日、黒川恒男駐モロッコ日本大使とモロッコのアジズ・ラバハ設備・運輸相が立ち会い、阪神高速会社の幸和範代表取締役専務執行役員とADMのアノーア・ベナズーズ総裁が覚書に署名した。

阪神高速会社/モロッコ高速道路会社と覚書交換/ITSや維持管理で技術交流

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

    【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  4. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  5. 魚肉も美味! キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス!

  6. 東京駅前「KITTE」で岩手復興展開催、物産・工芸品の販路拡大へ 10月23-25日

  7. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  8. 登りは迷わず歩く…50キロのトレイルラン、記者が体験(1)

  9. 冷凍チャーハン過熱! 原料米にこだわり各メーカー新商品投入

  10. 新潟市がICT活用現場を公開。中央環状線坂井工区、施工は廣瀬

アクセスランキングをもっと見る

page top