阪神高速道路とモロッコ高速道路が覚書交換!ITSや維持管理で技術交流 画像 阪神高速道路とモロッコ高速道路が覚書交換!ITSや維持管理で技術交流

インバウンド・地域活性

 阪神高速道路会社は27日、モロッコ高速道路会社(ADM)と「技術交流に関する覚書」を交わしたと発表した。ITS(高度道路交通システム)や維持管理などの技術や技術者の交流が主な内容。これを機に同社は積極的な技術協力を進め、海外事業展開の基礎作りに取り組むとしている。
 ADMは、モロッコ国内約1800キロの高速道路ネットワークを建設・管理する国営企業。両者が交流を進めるのは、▽交通制御とITS▽道路・橋梁の維持管理▽トンネル-に関する技術。専門技術者・研修生の相互交流なども進める。
 モロッコ・ラバト市内で現地時間24日、黒川恒男駐モロッコ日本大使とモロッコのアジズ・ラバハ設備・運輸相が立ち会い、阪神高速会社の幸和範代表取締役専務執行役員とADMのアノーア・ベナズーズ総裁が覚書に署名した。

阪神高速会社/モロッコ高速道路会社と覚書交換/ITSや維持管理で技術交流

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  2. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  3. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

    十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top