鹿島が新世代制震装置を開発……世界初、回生ブレーキで揺れを止める 画像 鹿島が新世代制震装置を開発……世界初、回生ブレーキで揺れを止める

インバウンド・地域活性

 鹿島は、超高層ビル向けに新しい制震オイルダンパーを開発した。自動車のブレーキ制御などで用いられるエネルギー回生システムの原理を世界で初めて建物に応用。地震による建物の振動エネルギーを一時的に補助タンクに蓄え、そのエネルギーをダンパーの抵抗力を高めるアシスト力として利用する。揺れを止める性能を示すエネルギー吸収能力は一般的なオイルダンパーの約4倍に達するという。
 新型ダンパー「HiDAX―R」は、ビル低層階のコア周りに設置する。風揺れから震度7の大地震による揺れまでカバー。発生頻度の高い震度4~5クラスの地震や長周期地震動で特に効果を発揮する。一般的な制震構造に比べ、揺れ幅が半減し、揺れが収まるまでの時間も大幅に短縮できる。
 東京都千代田区で施工中の「(仮称)新日比谷プロジェクト」(発注者=三井不動産)など東京都内の超高層ビル3件に導入を予定。少ない台数で効果を発揮するため、新築に加え、ダンパーが設置できる場所が制限される既存ビルにも積極的に採用を提案していく。

鹿島/超高層ビル用制震ダンパー開発/振動エネを揺れ制御に利用、世界初

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 寺内ダム(福岡県朝倉市)がダム愛好家による「ダム大賞」に決定!

    寺内ダム(福岡県朝倉市)がダム愛好家による「ダム大賞」に決定!

  4. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  5. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  8. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top