利用者の感情や健康状態を認識するデバイス……任天堂が特許申請 画像 利用者の感情や健康状態を認識するデバイス……任天堂が特許申請

IT業務効率

任天堂が、QOL関連と思われる複数の特許を出願していることが明らかになりました。

提出されている特許は、専用のタブレット端末のような携帯端末を使用してユーザー状態を検出し、分析するシステムです。

端末は、ユーザーの行動や活動を取得するほか、マイクなどを通してユーザーの声を検出し、感情を判別するためのセンサを備えているとのこと。 収集した情報はサーバーに送信し、蓄積、分析され、判別結果に応じた提案をユーザーに対して提示します。

さらに、睡眠時にはユーザーの脈拍や呼吸のリズムを音楽などで誘導し、理想的な睡眠へ導くようなシステムも考えられているようで、天井に画像を投影する機能も画像で説明されていました。

あくまでもこれは特許として出願されている内容で、どの程度製品化で実現するかはまだまだ不明。 しかし、目覚めから就寝まで、ユーザーの一挙一動を見守り導くこのデバイス、健康的な毎日を過ごしたいと願う人とっては待ち望んでいた夢のツールとなるかもしれません。

任天堂がQOL関連と思われる特許を出願...感情の判別や快眠へと導くデバイス

《菜種》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  3. 「Suicaとはここが違う」単なる決済手段ではないWeChatPayの強さ

    「Suicaとはここが違う」単なる決済手段ではないWeChatPayの強さ

  4. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  5. 【HJ HJ EYE:4】中小企業の未来を変えるフィンテック

  6. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 国交省が「AIセンター」構想を提唱、インフラ点検の効率化へ/インキュベーション機能として

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

  9. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  10. フジタ、ドローン測量の作業時間を大幅短縮/「対空標識」使い基準点設置を効率化

アクセスランキングをもっと見る

page top