マレーシア経済誌2誌に発行停止命令 政府ファンド不正疑惑の報道が原因か 画像 マレーシア経済誌2誌に発行停止命令 政府ファンド不正疑惑の報道が原因か

海外進出

不正疑惑報道で取り締まり24日 マレーシア内務省は地元有力紙 The Edge Weeklyと The Edge Financial Dailyを7月27日から3ヶ月間発行停止にすることを発表した。マレーシア政府ファンド1MDBの不正疑惑の報道を繰り返し行ったことが理由とみられる。1MDBは110億米ドルの負債を抱え不正経理と汚職の疑惑で調査を受けている。同誌発行元のThe Edge Media GroupのCEO Ho Kay Tat氏は以下のように述べている。Ho氏は裁判を起こすことで発行停止措置の取り下げを目指す予定。The Edge Media Groupはマレーシア内に約350人の従業員を抱える。表現の自由を侵害しているとの批判もマレーシアを拠点とする報道の非営利団体The Centre for Independent Journalism (CIJ)は、この処置を表現の自由と報道の自由に反すると批判している。マレーシアは過去にも類似のメディア取り締まりをした歴史がある。1987年のOps Lalangの際にはThe Star等の新聞社が発行停止を命じられた。(画像はイメージです)

経済誌2誌に発行停止命令 1MDB不正疑惑の報道が原因か

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

    唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  5. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

  6. 中国に追いつけ!アフリカ向けインフラ輸出はどうなる?

  7. ミャンマーで手塚作品配信へ! ウェッジHD、手塚プロとライセンス契約

  8. 日建設計がスペイン・FCバルセロナのスタジアム改修を設計。国際コンペで優勝

  9. ミャンマーから日本への輸送日数1週間短縮 南海通運

  10. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

アクセスランキングをもっと見る

page top