攻めの農林水産業を目指して!「スマートアグリ ~最先端農業ICT 九州セミナー~」開催 画像 攻めの農林水産業を目指して!「スマートアグリ ~最先端農業ICT 九州セミナー~」開催

インバウンド・地域活性

 ベジタリアとNTTドコモは28日、「第二回スマートアグリ~最先端農業ICT~九州セミナー」を8月25日に熊本で共催すると発表した。

 政府は主要成長戦略の1つとして「攻めの農林水産業」を掲げているほか、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の重要課題の1つに「次世代農林水産業創造技術」を採択している。

 こうした”農業×ICTによる農業の成長産業化”に注目が集まる中、ベジタリアとNTTドコモは、スマートアグリをテーマとした最先端農業ICTの進展に向けてセミナー開催事業を展開。3月にはその第一回目を東京大学内の伊藤謝恩ホールで開催した。

 第二回となる今回は、「熊本から始めるアグリイノベーション」(熊本県副知事 小野泰輔氏)と「スマート農業の展開について」(農林水産省 生産局 農産部 技術普及課長 榊浩行氏)を基調講演とし、研究事例として「農匠ナビ1000プロジェクトが目指すスマート水田農業モデル」(九州大学 農学研究院 教授 南石晃明氏)が、生産者事例として「米づくりへのICTの戦略的利活用に向けて」(有限会社内田農場 代表取締役社長 内田智也氏)が発表される。

 他にも、「ITを活用して儲かる畜産しませんか」(株式会社リモート 会長 宇都宮茂夫氏)、「ドコモの農業支援に対する取り組み」(株式会社NTTドコモ 第一法人営業部担当部長 上原宏氏)、「最新植物科学とテクノロジーを駆使したスマート農業の実現に向けて」(ベジタリア株式会社 代表取締役社長 小池聡氏)といった講演を予定している。

 農業とICTの融合により、農業ビジネスをさらに発展させていきたい。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

    相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 中小二次製品メーカーが連携、雑草を抑えるブロックの普及へ

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

アクセスランキングをもっと見る

page top