店舗の被災状況を本部から視覚化!セブンイレブンが災害時に店内カメラを活用 画像 店舗の被災状況を本部から視覚化!セブンイレブンが災害時に店内カメラを活用

マネジメント

 セブン―イレブン・ジャパンは今後の新店から店舗に設置しているカメラの映像を本部でも閲覧できるようにする。災害時などに限って被災状況を的確に把握する。親会社のセブン&アイ・ホールディングスでは災害時の対策を迅速に進めるためにグーグルマップを活用した災害状況マップ「セブンVIEW」を開発、災害時の店舗や道路、配送状況の見える化に着手した。災害時対策を一段と高度化する狙いで本部で店舗の状況を把握する。 現在コンビニエンスストア店舗の内外には防犯対策として複数台のカメラが設置されている。しかし、このカメラが撮影する映像は、いわば店舗自体が管理する完結型で、本部がリアルタイムで把握できるようにはなっていない。 今年11月以降に出店する新店については、災害時などに停電がなく、通信回線が利用できる状態ならば本部でも映像を閲覧できるようにする。 セブンVIEWでは停電や回線の状態などから被災地の店舗の稼働状況を示すようになている。これに、今後、店内の状況が映像で把握できるようになれば、一段と的確な被災状況が分かる。被災状況に応じて本部からの支援体制や、被災地への商品の配送などを検討できる。 セブン&アイでは今後、映像でも災害地の情報を収集していきたい意向。この店舗の映像を本部で把握するだけでなく、たとえば全国に多数設置されている地域のライブカメラの活用も検討課題としている。 ※ニュースイッチで2015年7月28日に初回公開   

セブンイレブン、被災店舗の映像を本部で閲覧

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

    やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

  3. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

    不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  4. “攻めの農業”のヒントが沢山!「N-1サミット2016」開催

  5. ASEAN市場の拡大見据え、現地で自動車部品流通の仕組み構築へ

  6. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  7. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  8. 清水建設、連結子会社の橋梁・鉄骨事業を統合

  9. パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

  10. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

アクセスランキングをもっと見る

page top