店舗の被災状況を本部から視覚化!セブンイレブンが災害時に店内カメラを活用 画像 店舗の被災状況を本部から視覚化!セブンイレブンが災害時に店内カメラを活用

マネジメント

 セブン―イレブン・ジャパンは今後の新店から店舗に設置しているカメラの映像を本部でも閲覧できるようにする。災害時などに限って被災状況を的確に把握する。親会社のセブン&アイ・ホールディングスでは災害時の対策を迅速に進めるためにグーグルマップを活用した災害状況マップ「セブンVIEW」を開発、災害時の店舗や道路、配送状況の見える化に着手した。災害時対策を一段と高度化する狙いで本部で店舗の状況を把握する。 現在コンビニエンスストア店舗の内外には防犯対策として複数台のカメラが設置されている。しかし、このカメラが撮影する映像は、いわば店舗自体が管理する完結型で、本部がリアルタイムで把握できるようにはなっていない。 今年11月以降に出店する新店については、災害時などに停電がなく、通信回線が利用できる状態ならば本部でも映像を閲覧できるようにする。 セブンVIEWでは停電や回線の状態などから被災地の店舗の稼働状況を示すようになている。これに、今後、店内の状況が映像で把握できるようになれば、一段と的確な被災状況が分かる。被災状況に応じて本部からの支援体制や、被災地への商品の配送などを検討できる。 セブン&アイでは今後、映像でも災害地の情報を収集していきたい意向。この店舗の映像を本部で把握するだけでなく、たとえば全国に多数設置されている地域のライブカメラの活用も検討課題としている。 ※ニュースイッチで2015年7月28日に初回公開   

セブンイレブン、被災店舗の映像を本部で閲覧

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が…

    社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が…

  2. 厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

    厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

  3. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

    「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  4. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  5. 【解決!社長の悩み相談センター】第21回:雇用か外注か? 税務処理の違い

  6. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  7. 新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

  8. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  9. 国交省・谷脇建設産業局長「建設業制度と運用、将来像に照らし再考を」

  10. 日本ローカルなタクシー車両の規制を緩和――国交省

アクセスランキングをもっと見る

page top