店舗の被災状況を本部から視覚化!セブンイレブンが災害時に店内カメラを活用 画像 店舗の被災状況を本部から視覚化!セブンイレブンが災害時に店内カメラを活用

マネジメント

 セブン―イレブン・ジャパンは今後の新店から店舗に設置しているカメラの映像を本部でも閲覧できるようにする。災害時などに限って被災状況を的確に把握する。親会社のセブン&アイ・ホールディングスでは災害時の対策を迅速に進めるためにグーグルマップを活用した災害状況マップ「セブンVIEW」を開発、災害時の店舗や道路、配送状況の見える化に着手した。災害時対策を一段と高度化する狙いで本部で店舗の状況を把握する。 現在コンビニエンスストア店舗の内外には防犯対策として複数台のカメラが設置されている。しかし、このカメラが撮影する映像は、いわば店舗自体が管理する完結型で、本部がリアルタイムで把握できるようにはなっていない。 今年11月以降に出店する新店については、災害時などに停電がなく、通信回線が利用できる状態ならば本部でも映像を閲覧できるようにする。 セブンVIEWでは停電や回線の状態などから被災地の店舗の稼働状況を示すようになている。これに、今後、店内の状況が映像で把握できるようになれば、一段と的確な被災状況が分かる。被災状況に応じて本部からの支援体制や、被災地への商品の配送などを検討できる。 セブン&アイでは今後、映像でも災害地の情報を収集していきたい意向。この店舗の映像を本部で把握するだけでなく、たとえば全国に多数設置されている地域のライブカメラの活用も検討課題としている。 ※ニュースイッチで2015年7月28日に初回公開   

セブンイレブン、被災店舗の映像を本部で閲覧

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  3. 8割超が粗利益率改善! 主要ゼネコン26社の15年4~9月期決算

    8割超が粗利益率改善! 主要ゼネコン26社の15年4~9月期決算

  4. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  5. 自動車国内生産の7月実績……乗用車・軽ともにマイナス

  6. ジェコス社長に馬越学JFEスチール専務執行役員、6月23日就任

  7. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  8. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  9. 1級施工管理技術者検定の学科受験者が大幅増、建築は12・3%増

  10. 東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

アクセスランキングをもっと見る

page top