【地方発ヒット商品の裏側】「もみじ饅頭のお酒」を生み出した広島県中国醸造の社風……ニッチ市場を意外性で盛り上げる

インバウンド・地域活性

開発主任の山本さん 導入された加熱殺菌機
  • 開発主任の山本さん 導入された加熱殺菌機
  • 同社の瓶製品の製造工場
  • 「もみじ饅頭のお酒」シリーズ
  • 主軸商品のひとつ 焼酎 達磨
  • 「もみじ饅頭のお酒」はひとつひとつ手作業で注入される
  • 時代を築いた紙パック製品
  • ベテランによって行われる製品チェック
  • 地域の声を聞きながらの商品開発
 とろっとした舌触りに、ふんわりとしたあんこの優しい甘み。ほんのりとカステラの風味がリキュールの香りとともに口の中に広がる。

 広島県廿日市市の中国醸造株式会社が仕掛けた新感覚スイーツリキュール「もみじ饅頭のお酒」が好評だ。こしあん味に続いて、実際のもみじ饅頭にならってチョコレートや抹茶味も新たに発売されるなど、話題性のみならずリピーターからの支持も抜群。「はこさけ一代」で業界で初めてアルコールを紙パックに入れたことで知られる老舗酒造の斬新な商品開発の秘話と、発売までの道のり、今後の展開について、開発主任の山本泰平さんに伺った。

■酒屋なのに手土産がもみじ饅頭?
 きっかけは上司の一言だった。出張の多い上司は商談に手土産を持っていくことが多いが、広島と言えばやっぱり定番の土産はもみじ饅頭。それが続いたある日ぽろっと上司がもらしたのが「酒屋なのに、手土産がもみじ饅頭でいいのかな?これ、お酒にできない?」の一言だった。

 確かに土産物としての需要も見込めるし、甘いお酒なら女性からの人気も集めるかもしれない。すわ商品開発とは至らなかったが、上司がボトルデザインのアイデアを持ってきたことから急展開、肝心の中身の開発はこれまで様々な商品を手掛けてきた山本さんに白羽の矢が立った。

■「イメージ」を飲料にするための製造ライン
 商品開発の最初の一歩、試作品としてもみじ饅頭をお酒にするにあたり、山本さんは実際のもみじ饅頭を食べないことに決めたという。「どこかのお店のもみじ饅頭の味に似たお酒を造らないために、あくまでもイメージで試作しました。」同商品を口にすると、まるでミキサーですりつぶしたようなまさにもみじ饅頭そのままの味がするが、カステラとあんこの味をどう液体にするかが一番の課題だった。
《築島渉》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

  5. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  6. 「大阪港開港150年」夢洲コンテナターミナル岸壁全延長供用式典開く

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  9. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top