戸田建設本社ビル建替は都市再生特区活用で……東京・中央区議会 画像 戸田建設本社ビル建替は都市再生特区活用で……東京・中央区議会

インバウンド・地域活性

 東京・京橋で計画されている戸田建設本社ビル「TODA BUILDING」とブリヂストン旧本社ビル「ブリヂストンビル」の二つの建て替え事業の詳細が明らかになった。建て替えに当たっては、都市再生特別地区を活用。16年2~3月に都市計画決定が告示される見通しだ。先行するブリヂストン旧本社ビルの建て替え工期は16~19年度、戸田建設本社ビルの建て替え工期は21~23年度を予定している。24日に行われた東京・中央区の区議会環境建設委員会で都市計画の概要などが報告された。
 二つの建て替え事業の事業主体となる戸田建設とブリヂストンの関連会社の永坂産業(東京都中央区、牛尾幸光代表取締役)の2者が都に都市再生特区の提案を行う。報告資料によると、戸田建設本社ビルは、東隣の全国信用組合会館とその南側のビル群などと敷地を一体化し、区域の南側で建て替える。建物の規模は地下3階地上28階建て延べ約10万1500m2で、高さは約180m。ブリヂストン旧本社ビルは、北側に地下2階地上23階建て延べ約4万7100m2、高さ150mの規模で建て替える。

戸田建設本社ビル建替/東京・中央区議会で報告/都市再生特区活用へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

    飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  6. 死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに

  7. 【着地型観光:4】アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top