同族経営の世代交代をスムーズに!中小企業の多くを占める同族経営向けトラブル解消サービス 画像 同族経営の世代交代をスムーズに!中小企業の多くを占める同族経営向けトラブル解消サービス

マネジメント

 しごと総合研究所とアネゴ企画は27日、同族経営企業内で発生した世代交代や事業承継などでのトラブルを解消する「同族経営パートナーズ・サービス」を開始した。

 中小企業庁が2010年に公開した「我が国の中小企業の実態」によると、全法人258万7399社のうち、資本金1億円未満の企業が約255万社にのぼる。このうち同族会社は246万5807社と全体の96.7%を占めた。

 2015~20年の5年間で団塊世代の経営者が70歳を越えるため、今後、多くの企業で世代交代や事業承継が進んでいくと考えられている。しかし、一方では先に家具・インテリアを手がける企業の経営において、父娘の間で大きなトラブルが起きて話題となったように、親子や家族を含む経営陣の人間関係のもつれが経営課題になることは決して少なくない。

 今回の新サービスでは、紛争解決の専門家が対話によってトラブルを解消する手法「システム・コーチング」を採用。内容に応じて弁護士や会計士といった専門家とも協力し、サポートをしていく。親子間や家族間では感情のもつれも起こりやすく、根深い問題になることもあるだけに、専門家の手を借りてでも解決に臨みたい。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  2. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

    二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  3. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

    自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  4. 全建「就労履歴システム検討ワーキンググループ」が初会合

  5. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  6. 任天堂、第1四半期決算は5期ぶりの黒字転換・・・『スプラトゥーン』効果か

  7. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  8. 韓国で農作業事故で保険法1月施行、国が掛け金半額助成、日本は

  9. 女性社長の多い業種、大学は?……全国女性社長分析

  10. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top