平成27年度福島県合宿誘致・交流促進モニター事業助成制度実施 画像 平成27年度福島県合宿誘致・交流促進モニター事業助成制度実施

インバウンド・地域活性

 福島県は福島県外の大学、高校等の部・サークル等の学生を対象にした福島県合宿誘致・交流促進モニター事業助成制度を実施している。

 県内施設に宿泊してスポーツ活動や文化活動等の合宿を行う場合、5万円~30万円までの助成金の交付が受けられる。

 助成対象は、3つの要件を満たす必要がある。

 県外の大学、高校、中学校等の部・サークル等の学生が、県内の文化施設又はスポーツ施設等を利用し合宿すること。福島県内の宿泊施設に連続して2泊以上宿泊し、かつ、延べ宿泊者数が100人泊以上であること(平成27年12月1日以降に開始する合宿については、30人泊以上であること)。本県の合宿の魅力について短い動画を制作し、インターネットを通じて配信することといった要件だ。

 助成対象外となるのは、単に大会や、イベント、会議への参加を目的とする場合や学年単位等の学校行事として実施する場合。また、大学等が所有する宿舎、キャンプ場、ログハウス、公営施設(青少年交流の家、自然の家等)に宿泊する場合。同一年度内において既に助成を受けている場合。政治的活動または宗教的活動もしくは営利を目的とする場合。公序良俗に反する場合だ。

 多種多様な合宿を行うことの出来る同県を訪れてみてはいかがだろう。

 問い合わせ先=(公財)福島県観光物産交流協会 Tel024・525・4024
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋市の久屋大通公園Park-PFI/テレビ塔を中心にシンボリックな景観軸

    名古屋市の久屋大通公園Park-PFI/テレビ塔を中心にシンボリックな景観軸

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

    国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

  4. 鳥獣被害、都会へ発信…鹿の頭蓋骨をアート作品に

  5. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  6. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  7. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  8. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  9. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  10. 虎ノ門一丁目東地区再開発、地下鉄虎ノ門駅直上で計画検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top